昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

河瀬直美「東京五輪の公式映画」を賞賛する人たちの共通点とは…? 待望の公開初日、私が感じた「2つの異変」

2022/06/07

 待ってました、河瀬直美総監督! 東京五輪の公式記録映画「東京2020オリンピック SIDE:A」がついに6月3日に公開されました。

 しかし、この映画の情報を追えば追うほど、私は「異変」を感じていたのです。まず一つ目。「初日舞台挨拶が無い!」。

 これにはびっくりしました。私は初日舞台挨拶を見に行くのが大好き。そもそもは「初日からこの映画に行くのはどんな人たちなのか?」という野次馬精神からでしたが、いつのまにか初日の華やいだ空間も好きになった。

東宝に尋ねてみると…

 そう考えると五輪公式記録映画なんてまさにお祭りだ。初日舞台挨拶は大事なセレモニーだからマスコミも来て話題になるだろう。経験上、チケット争奪戦も激しいはず。なので私はかなり前から公式HPで情報をチェックしていた。しかし前日になっても初日舞台挨拶の情報が無い。日比谷、渋谷、新宿……どこの映画館にも。

『東京2020オリンピック SIDE:A/SIDE:B』公式サイトより

 たまらずに公開前日に東宝に電話して尋ねました。すると「HPに情報が出てないなら(初日舞台挨拶は)無いのでは?」という答え。そう言われる前にこちらはHPをかなりチェックしていたので「やらない」ことを確信。

 しかし不思議です。5月23日には「完成披露試写会」を派手にやっているのです。あの森喜朗氏(東京五輪・パラリンピック組織委員会の前会長)も来場したという。日刊スポーツにはこんなくだりが。

z