昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2022/06/23

ファイターズ、確かにますます身近に迫ってきているのです

 見学会のプラカードを持った人が立っています。ここでエルフィンロードから出ます。いよいよFビレッジ建設現場へ。雨は気がついたらすっかりやんでいます。というか晴れてます。エゾハルゼミが鳴き出しました。

足元にFビレッジ仕様のマンホールが ©青空百景
ほんとに雨降りだったんですよ! ©青空百景

 奇跡的にこの写真は他の人を入れないで撮ることができましたが、実はかなりごった返しておりました。右側のパネルがどうしても、「そうだここで記念写真を撮ろう」と皆に思わせてしまうのですね。しかもこの辺りまで来ると、徒歩の来場者と車で来た人と、2方向からの人波が合流です。

 老夫婦。小さな子供達を連れたパパとママ。あのおばさんコンビは友達同士かな、姉妹かな。ユニフォームを着て大荷物の人はここから札幌ドームに行くのでしょう(デーゲームの日でした)。あっでもこの少年達はユニフォームだけど手ぶらだし観戦組ではないかも。この見学会のためのユニフォーム姿。あ、そこの家族写真撮影中のおちびちゃん、その手はビッグボスポーズですね?

 一塁側の入り口から中に入って工事中のグラウンドを見ることができました。

細長い黒板のように見えるのは世界最大級という大型ビジョン ©青空百景

 前にいた女性2人連れが、見るなり「狭いね!」とまず言い、次いで「これはいいね!」と頷き合っていました。そう、この入り口、入ったらすぐに客席とグラウンドがある感じなのです。玄関あけたら2分で野球! 1度だけ行った神宮球場を思い出しました。新築で最新の立派さ豪華さがまず喧伝されている新球場ですが、これは案外、取っつきやすそう。かっこいいけど気取らない。そんなだったら嬉しいなあ。

 見学を終え、来た道を戻ります。そのうち何だか空が暗くなってきたと思ったら、また雨が降り出しました。本格的なザーザー降りです。えー、さっきの晴れ間は本当に何だったんですか。Fビレッジにいた間だけ。

 家に帰ってきてからふと気づきました。えのきど監督の言葉ではありませんが、ファイターズ、確かにますます身近に迫ってきているのです。近所の郵便局まで、もうポストがこんなのなんです。

いつの間にかFビレッジ仕様になっていたポスト ©青空百景

◆ ◆ ◆

※「文春野球コラム ペナントレース2022」実施中。コラムがおもしろいと思ったらオリジナルサイト http://bunshun.jp/articles/54940 でHITボタンを押してください。

この記事の写真(5枚)

HIT!

この記事を応援したい方は上のボールをクリック。詳細はこちらから。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春野球をフォロー