昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

genre : ライフ, 社会

100人中50番目の女性がトップ3の男性とマッチングしてしまう

 養ってもらわなくてもいいのだから、稼ぎにそこまでこだわらず(もちろんあれば嬉しいが)自分好みの男を選びたい。お金があってもブサイクやおじさんはイヤ。そう考える女性はどんどん増えてきています。結婚相談所でも以前なら「お金持ちなら太っている人でも髪がなくてもOK」「稼いでいれば10歳上でもOK」という女性がちょくちょくいましたが、今は本当に少なくなりました。

 男性が「専業主婦希望は無理、共働きしてね」という意識を持つようになった分、女性も「食べさせてもらえる訳じゃないんだから、イケメンがいい」という発想になってきているのです。

 そして、今は一億総マッチングアプリ時代。

写真はイメージです ©iStock.com

 女性はアプリではいくらでもイケメンと出会えます。男性は結婚を全く考えられない女性とも「付き合うだけ」ならできるし、「Hするだけ」ならもっとできます。そのため、同世代100人の中で人気が50番目くらいの女性と、トップ3の男性が簡単にマッチングしてしまう。

 もちろん、釣り合っていないので50番目の女性はトップ3の男性と結婚はできません。しかし遊ばれた後も「私はトップ3の男性と付き合っていたのだから、そのレベルの男性と結婚できるはず」と思い込むので、どんどん男性の見た目に厳しくなってしまうのです。

 一部の遊んでいる男性がたくさんの女性とマッチングしてしまうため、彼らのコミュ力に慣れてしまった女性陣が、実際には自分と釣り合っている真面目な男性を「ダサい上に会話も下手くそ」「エスコートができない」と切り捨てるシーンを、私は何度も見てきました。

 今まであまり見た目を意識してこなかった、恋愛経験が少ない男性には、非常に辛い時代がやってきているのかも知れません。

写真はイメージです ©iStock.com

SNSやTikTokには美女が溢れている

 ところが、男性ばかりの結婚相談所のスタッフも「女性だけではない。今、男性も相手に求める外見レベルがどんどん上がっている」というのです。

 SNSやTikTokを見れば、いくらでも美女が溢れています。実はその美女は加工アプリの賜物で、実際には存在しません。でも、それに見慣れてしまっている男性は、普通の女性に対して「ブスだな」と感じてしまう。

 また、アプリでは全く釣り合わないような美女にも一応いいねは送れるため、「こんな女性ともチャンスがあるかも」と思ってしまうそうです。必然的に、実際に出会える女性を魅力的に感じることができないんだとか。

 男女どちらも、昔よりも見た目を頑張らないと結婚できない時代になってしまったのかもしれません。

z