昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「死刑執行に立ち会った刑務官は、その日執行が終わればすぐ家に帰れるんですけど『もらった手当を使いながら時間を潰して帰る』という人の話を聞いたときはびっくりしました。執行したことを家族に知られたら精神的に辛いし、家族に負わせたくないから生活の中に死刑を持ち込まないようにしているそうです」(同前)

 そんな重いテーマについて明かす刑務官の“マトバさん”について、一之瀬さんは「お話しされているときは淡々とした感じ」と話す。

マトバさん 『刑務官が明かす死刑の秘密』より

「当たり前ですが、刑務官の方も人間なんですよね。普通の会社員と同じように働いている中で死刑があったり、懲役刑の人と接したりしていて、すごく難しい仕事だと思います」(同前)

なかなか知れない死刑の実情

 海外に目を向けてみると、国連加盟国ですでに死刑を廃止した国は半数を超えている。日本でもこれから議論が続いていくことは間違いないが、まずは「死刑を知る」ところから始めるべきなのかもしれない。

「漫画を描き始めた時は純粋な興味でしたが、死刑について考えるというテーマを皆さんに提示できたかなと思っています。死刑執行のニュースが少しでも心に引っかかる人には、死刑に賛成でも反対でも立場を問わずにぜひ読んでほしいです」(同前)

刑務官が明かす死刑の秘密 (BAMBOO ESSAY SELECTION)

一之瀬 はち ,一之瀬 はち

竹書房

2022年6月16日 発売

この記事の写真(3枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー
z