昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「ケンカ負けたら土下座」電車内タバコ逆ギレ男 暴行した高校生を“写メ” その後、新宿でホスト用写真撮影 法廷で語られたコト

source : 提携メディア

genre : ニュース, 社会

 

電車内でタバコを吸って、注意してきた男子高校生に暴力を振るい、大ケガをさせた上、取り調べの際には、副検事に向かって、暴言を繰り返したとされる男。今月16日に行われた初公判では、驚くべき事件の真相が語られた。

電車内でタバコ 注意され高校生を”ボコボコ”に

取材などによると、今年1月23日、栃木県・下野市を走行中のJR宇都宮線の車内で事件は起きた。元ホストの宮本一馬被告(28)は、車内の優先席に寝そべり、加熱式たばこを吸っていたという。それを見かねた17歳の男子高校生(当時)が注意したそうだ。

ところが、宮本被告は、突然、男子高校生の胸ぐらをつかみ平手打ち。そして「クソガキ。土下座せえや、早く。謝れや、頭下げろや、謝れや」などと迫って、土下座をさせたという。その上で、頭を踏みつけ、顔を蹴るなどしたとのこと。

送検される宮本一馬被告(28)(1月25日 下野署)

さらに暴行は続いた。電車が自治医大駅に到着した後も、宮本被告は、ホーム上で、男子高校生の腹を複数回蹴り、顔を殴るなどしたとされる。男子高校生は、ぜんそくの持病があったため、「たばこをやめてくれませんか」と頼んだところ、宮本被告が逆ギレしたという。被害者の高校生は、全治6カ月の重傷を負った。

当然、宮本被告は逮捕され、のちに強要罪(無理矢理、土下座をさせた行為)と傷害罪(暴行して、ケガをさせた行為)で起訴された。しかし、宮本被告の”傍若無人”な振る舞いは、これでは終わらなかった。その後の捜査の過程で、別の事件が起きた。

「マジ暴れる、普通にシバき回すぜ」副検事に悪態

今年2月1日午後、現場は宇都宮地検栃木支部の検察官室。宮本被告は、取り調べを担当した副検事に対して、罵詈雑言の数々を浴びせかけたという。「あんま人をバカにしたしゃべり方すんなよ」「ほんまに次こそ暴れ回すぞ」「俺暴れる時、マジで暴れるぞ」「俺、電車の中でも暴れる奴だから」。

暴行現場となったJR宇都宮線(今年1月)
宮本被告は、電車内の優先席に寝そべり、タバコを吸っていたという。
検察側は「真摯な反省が見られない」などとして懲役3年を求刑した。
電車が自治医大駅に到着後も、執拗な暴行は続いたという(今年1月)
宮本被告は、電車内で、被害者に土下座をさせて暴力を振るったという(画像はイメージ)
初公判で宮本被告は起訴内容を認めた(今月16日 宇都宮地裁栃木支部)

この記事の写真(8枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー
z