昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

【6回目の逮捕】《元患者も告発》傷害・覚せい剤で逮捕の“黒コートの精神科医”の驚くべき“前科”「劇薬リタリンを102万錠処方で社会問題」「薬物依存の末に患者が死亡」

genre : ニュース, 社会

 7月7日、東京・歌舞伎町で精神科クリニック「東京クリニック」の院長をしていた伊沢純被告(51)がまた逮捕されたと発表された。2022年3月に逮捕されてから、これで6回目の逮捕となった。

「今回は、クリニック内で都内の住む女性にわいせつな行為をしたとみられています。強制性交の疑いがかかっていますが、本人は『無理やりではない』と容疑を否認しています」(社会部記者)

 文春オンラインは、これまでにも伊沢被告の犯罪行為についてたびたび報じてきた。当時の記事を再公開する(初出2022年5月2日、肩書き、年齢等は当時のまま)。

◆◆◆

「女の妄想だ」

 東京都新宿区歌舞伎町の精神科『東京クリニック』の院長、伊沢純容疑者(51)は、警察の取り調べに対し、こう言い放った。

 3月28日、警視庁新宿署は伊沢容疑者を傷害容疑で逮捕した。伊沢容疑者は同居していた20代女性の左足を殴る蹴るなどの暴行を加えた疑いが持たれており、被害者はクリニックの元患者。現在は容疑を冒頭のように否認している。

伊沢容疑者が逮捕された新宿警察署 ©文藝春秋

「今回の逮捕は再逮捕です。最初の逮捕は、2月26日の夜、歌舞伎町のマンションの警備員が『同居中の彼氏に殴られた人がいる』と通報したことがきっかけでした。後日、家宅捜査すると、伊沢容疑者の自宅から覚せい剤0.28グラムが見つかった。

 伊沢容疑者は『自分のものではない』と供述しましたが、現行犯逮捕されました。親子ほども年の離れた20代の被害女性は、伊沢容疑者のクリニックに通う患者でしたが、『睡眠薬をあげる』などと言われて同居していたといいます」(全国紙社会部記者)

「また伊沢か」問題続きの“悪徳医師”

 実は、伊沢容疑者は過去にもさまざまな問題を起こしてきた。

逮捕された伊沢容疑者(東京クリニックの公式サイトより)

「また伊沢か、という思いです。彼は昔から、薬物についてのモラルがなく、患者の女性に手を出していた」

 こう話すのは伊沢を知るある医療関係者だ。

「診察室で女性患者を殴って、傷害罪で有罪が確定し、2007年には医業停止2年の行政処分を受けていました。業務停止処分中に、伊沢のクリニックがリタリンという強い向精神薬をとんでもない量処方していたことが大きな社会問題になったんです。このリタリンは合法覚せい剤と呼ばれるほど作用が強く、即効性がある。患者にしてみればすごく効いているように感じ、薬物依存に繋がりやすいんです」

z