昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

メイド喫茶から派生の「コンセプトカフェ」 “神社”や“学園”…異次元の世界観 コロナ禍で倍増【愛知発】

source : 提携メディア

genre : ニュース

 

名古屋市中区の大須商店街に、「神社」や「学園」などの世界観を売りにするメイド喫茶から派生した「コンセプトカフェ」が増えている。メイドのいるコンセプトカフェを取材すると、非日常の空間でリフレッシュする人たちの姿があった。

神社や学園の世界観…出店相次ぐ「コンセプトカフェ」

 

「深海」の空間で歌って踊る女性に…

 

制服姿の「男子生徒」…。

 

参拝客という設定で巫女がおもてなしをする「神社」も…。

 

一つの世界観に特化した「コンセプトカフェ」、通称「コンカフェ」が今、名古屋の大須で急増。半径300メートル圏内に約70店が軒を連ねている。

 

中でも、メイドの元祖であるロングメイドの店「コモレビフィーカ」(入館料330円 1時間1ドリンク660円)は、若者から社会人まで幅広い客層で賑わっている。

 

午後1時のオープンと共に、早速お客さんがやって来た。木目調の落ち着いた雰囲気の店内には450冊もの本が並んでいて、コンセプトは“英国の書斎”だ。

 

メニューは、アフタヌーンティー。約20種類が揃う世界各国の紅茶やコーヒーの本格的な味も評判。注文すると、ロングメイドの店員が目の前でコーヒーを淹れてくれる。

 

会社員の男性(48):
心を整えようかなと。会社で怒られた時とか、「怒られた~」って行くことも。嫁とのストレスもあるので

SNSでプライベート配信 ファン獲得目指すアイドルの女性

 

友達とやって来た七星(ななせ)きぃさん(25)は、大須を拠点に活動する4人組アイドルのリーダー。

 

七星きぃさん:
コンカフェのキャストさんもみんな可愛いから…。たくさんアイドルがいるので、同じことしていたらつぶれちゃうから…

 

コロナ禍で、七星さんのグループのコンセプトは、“会いに行けるアイドル”から“家でも会えるアイドル”へ。

 

ツイッターやインスタグラム、TikTokなど様々なSNSで、ファンに向けてメンバーのプライベートの様子を毎日配信している。多様化の時代には、個性あるコンセプトが求められていた。

z