昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

以前は月収200万円も今はほぼ無給…活動再開の上原多香子、“復帰”が難しい理由

 SPEEDの上原多香子(39)が7月13日、都内で舞台「GOHCAGO~御加護~」に出演。4年ぶりに芸能活動を再開した。

「“罪人”役の上原は『お酒を飲むと男性と距離が近くなる』などの罪を告白。お笑い芸人・ヒロシのネタをコピーし、『タカコです。すでにここに立っていることを後悔してます』と自虐ネタを披露するも、変わらぬロングヘアーと美貌で舞台映えしていた。参院選で当選直後の今井絵理子から花束を渡され、嬉し涙を流してましたね」(芸能記者)

上原多香子 ©文藝春秋

 沖縄出身の上原は小学生の時に安室奈美恵らを輩出した沖縄アクターズスクール入り。1996年、中2でSPEEDのメンバーに選ばれ「Body & Soul」でメジャーデビューを果たす。

「“ポスト安室”と言われた今井と歌唱力抜群の島袋寛子がメインボーカル。ダンスに定評がある最年長の新垣仁絵をリーダーに据え、上原は完成したビジュアルが買われた」(音楽関係者)

「STEADY」など大ヒットを連発したSPEEDだが、約3年半で一度解散。上原はソロ活動にシフトする。

「99年の初シングル『my first love』は約50万枚のヒット。同年の映画『ドリームメーカー』ではヒロインに抜擢され、日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞した。03年には朝ドラ『てるてる家族』で石原さとみの姉役を演じるなど女優としての地位を確立し、資生堂のCMモデルも8期連続で務めた」(演劇記者)

z