昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

〈福岡5歳児バス置き去り熱中症死から1年〉「これで知らないっておかしかろう」保護者会で発覚した“20人の園児閉じ込め”

 2021年、福岡県中間市の双葉保育園で倉掛冬生くん(当時5歳)が約9時間にわたり送迎バスの中で放置され、死亡した事件。7月29日、事件発生から1年を迎えた。報道陣の取材に対し母親は「会いたくて仕方がない」と悲痛な胸の内を明かしたという。事故については、今年4月に浦上陽子前園長と保育士が業務上過失致死の罪で在宅起訴され、年内にも刑事裁判が行われると見られている。

 冬生くんはなぜ5歳で短い人生を閉じなければならなかったのか。冬生くんの死亡後に同園で開かれた保護者会では、過去約20人もの園児が“閉じ込め”にあっていたことが判明していた。保護者の怒りの声を報じた「週刊文春」の記事を再公開する。(初出:週刊文春 2021年8月12日・19日号 年齢・肩書き等は公開時のまま)

◆◆◆

 約9時間にわたり送迎バスに放置され、7月29日に熱中症で亡くなった福岡県中間市の双葉保育園に通う倉掛冬生くん(享年5)。痛ましい死から2日後に行われた同園の保護者会で、園で起こっていた過去の“閉じ込め”事案が明らかとなっていたことが「週刊文春」の取材でわかった。

冬生くんが乗っていたバス ©共同通信社

 保護者会が行われたのは7月31日の夜のこと。事故当日は、園長がバスから園児全員を降ろしたか確認せずドアに鍵をかけたこと、出欠確認のカードを回収していなかったことなど園側に問題があったことが判明。そこで約80人もの保護者が保育園に集まり、園長が経緯の説明を行った。

 会が始まると、不可解な説明に業を煮やした保護者たちは徐々にヒートアップしていく。

 園長に対し、「全部(の確認)が出来ていない事ってあります?」「何で気付かないんですか?」などと詰問を続ける。

 それに対して、園長は「(確認を)普段からしていないことはない」「噓ではないんです」「冬生くんがいないことは担任は気付いていた」などと弁解をする。

亡くなった倉掛冬生くん

 園長と保護者とのやり取りの中で、過去の“閉じ込め”事案についても言及があった。子供を叱る際に、園の倉庫に閉じ込めていたことに対して、複数の親から「ウチもあった」「私の子供も」と同調する発言が飛び交ったのだ。

 そこである保護者が「子供が(倉庫に)閉じ込められていた保護者の方って、どれくらいいるんですか?」と参加者全員に尋ねた。すると何と「約20人もの出席者が挙手した」(出席した保護者)という。

「これでないってことはないんじゃないですか」「これで知らないっておかしかろう」と保護者から次々と疑問の声が上がった。

保育園にはお菓子などが供えられていた ©文藝春秋

 会場からは「わざと(冬生くんを)閉じ込めたのではないか」という追及もなされ、弁護士が「故意に閉じ込めたことはない」と制止する事態も起こっていた。

z