昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

泉ピン子「『渡る世間は鬼ばかり』関係者との軋轢で追悼番組に呼ばれず」記事が削除された

 昨年、亡くなった「渡る世間は鬼ばかり」脚本家の橋田壽賀子さんと主演女優の泉ピン子(74)を巡る報道が相次いでいる。「週刊新潮」が6月23日号で<渡る世間に「鬼」の如し 「泉ピン子」ご乱心>と題して、泉が橋田さんの遺骨を船から散骨したが、そもそも遺骨を持っていなかった疑惑があると報道。一方、「女性自身」8月9日号では、泉がインタビューに応じ、遺骨は許可を得て、葬儀の場でもらったと猛反論した。すると、8月3日、ニュースサイトの「デイリー新潮」が〈泉ピン子、9月の橋田壽賀子さん追悼番組に呼ばれず 「渡鬼」関係者との軋轢が発覚〉という記事が配信された。ところが、この記事が5日までに取り下げられてしまった。

 いったい何が起きているのか。

「デイリー新潮」の記事は、「渡る世間は鬼ばかり」を放送していたTBSが、9月に追悼番組を放送するが、主演した泉が出演しないと報じた。

橋田壽賀子

 理由として、ピン子と「渡鬼」の複数の出演者、スタッフとの関係が以前から険悪となっているとし、ピン子が橋田氏の遺骨を手に入れて海に散骨したとしていることにも、〈「渡鬼」に出演していた橋田ファミリーから疑問の声が上がった〉という。

8月3日に配信されたデイリー新潮の記事

 その結果、〈「泉さんが出るなら、遠慮したい」というスタッフ、出演者が複数いるため、ピン子は招かれない〉と報じている。

 この記事はその後、ヤフートピックスにも取り上げられ、大きな反響を呼び、泉に批判的なコメントが殺到していた。

 ところが、同記事は8月5日までに取り下げられ、閲覧できなくなったのだ。

8月5日までに削除されている

TBS「追悼番組を放送する予定はありませんので…」

 小誌がTBSに、追悼番組の放送と、「渡鬼」出演者、スタッフが共演を望まないからピン子は出演しないというのは事実かと問い合わせると、〈今年9月に橋田壽賀子さん追悼番組を放送する予定はありませんので、お答えしようがありません〉と回答があった。

泉ピン子

 一方、「デイリー新潮」編集部に記事を取り下げた理由を訊ねると、

〈追加取材の必要があると判断し、記事を一度取り下げました〉

 との回答だった。

 8月9日(火)12時配信の「週刊文春 電子版」および10日発売の「週刊文春」では、さらに詳しくその舞台裏や、橋田氏の遺骨にまつわる騒動の真相を報じている。

この記事の写真(4枚)

文藝春秋が提供する有料記事は「Yahoo!ニュース」「週刊文春デジタル」「LINE NEWS」でお読みいただけます。

※アカウントの登録や購入についてのご質問は、各サイトのお問い合わせ窓口にご連絡ください。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー
z