昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

 19年、俳優の宅間孝行氏が作・演出を手掛けた『流れ星』で舞台にも挑戦した。

「21歳とは思えないほどしっかりしていた。初めは共演の田中美佐子さんがリードする形になるかな、と思っていたのですが、美佐子さんが自由に演技をするので、最終的には『まりえ頼むよ!』と声をかけていました(笑)」(宅間氏)

昔から愛読している“意外な新聞”

 現在、朝ドラの役作りのために「進んで新聞を読んでいる」(前出・関係者)という飯豊。実は昔からある新聞を愛読しているという。

宮沢といい感じ(NHK朝ドラ公式インスタより)

『スポニチ』では1年半弱、グルメ連載も担当

「彼女、『スポニチ』を読んでいるんです」

 とは、あるテレビ関係者。意外なチョイスだがなぜ?

「お祖父さんとゴルフ好きのお父さんの影響のようで、実家で購読していた。そのおかげで活字好きになったと語っていました。読書も趣味で波瑠や加藤シゲアキと、好きな本について話していたことも」(同前)

『スポニチ』では18年から1年半弱、グルメ連載も担当。飯豊が訪れた中華料理店「太陸」の店主・中西孝幸氏によると、

「店に置いてある新聞をみて『スポニチがある!』と嬉しそうでしたね。ウチの『タワー硬焼きそば』は量が多いのですが、『おいしい!』と言いながら食べてくださった。素敵な笑顔をよく覚えています」

 “まさかやー”な、愛読紙なのであった。

この記事の写真(4枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー