昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

19歳で三つ子を妊娠、胎盤の処置中に「もう1人います」と…四つ子ママ(27)が語る、壮絶すぎた出産までの道のり――2022年上半期BEST5

四つ子ママ・石原さんインタビュー#1

2022年上半期(1月~6月)、文春オンラインで反響の大きかった記事ベスト5を発表します。家族部門の第3位は、こちら!(初公開日 2022年4月9日)。

*  *  *

 一卵性双生児二組の四つ子のお母さんである石原舞さん(27)。19歳で妊娠がわかり、20歳で出産。現在は小学生になった4人の子どもの育児に奮闘中だという。

 そんな石原さんに、四つ子を妊娠した時の心境や育児の秘訣など詳しく話を聞いた。(全2回の1回目/続きを読む)

「心臓が2つあるから双子だね」

――改めて妊娠した時のお話を聞かせてください。

石原 妊娠がわかったのは5週目の時でした。検査薬で陽性反応が出たので、産婦人科に行ったんですが、そこで妊娠が確定しました。

 妊娠7週目に病院に行った際に、「心臓が2つあるから双子だね」と言われ、双子の妊婦になりました。

四つ子ママの石原さん

――周りに双子の方はいらっしゃったんですか。

石原 私の親戚に双子がいました! 「もしかしたら……」という気持ちがあったので、そこまで驚くことはなかったですね。

――ご家族に伝えた時はどんな反応でしたか。

石原 私たちは授かり婚で、当時はお互い社会人になって間もない頃だったので、私の家族は心配に思っていたようです。「今回はやめといたら?」というつもりだったみたいですが、私が双子を妊娠していることを話したら、「それなら頑張りなさい」って。

 夫と話し合った結果、産むことを決断しました。夫は昔から双子の女の子が欲しいって思っていたみたいで、「まさかそれが現実になるなんて」と驚いていました。

「双子じゃなくて三つ子でした!」

――それからは双子だと思って過ごしていたわけですよね。

石原 そうです。でも、妊娠5ヶ月の時に胃腸が痛くて、会社を休んで診察を受けに行ったんです。結局胃腸炎だったのですが、妊婦であることを知った先生が念の為エコーで赤ちゃんの様子を見ておきましょうと。そしたら先生が「赤ちゃんって双子でしたっけ。あれ、頭が3つあるよ」って(笑)。

三つ子発見時のエコー写真

 産婦人科には毎月検診に行っていたので、「まじっすか!」と驚いてしまったんですが、内科と産婦人科のエコーの種類が違ったので、見え方も違っていたんだと思います。病院から出ると会社から電話が来ていたので、「双子じゃなくて三つ子でした!」と伝えました。驚きすぎてみなさん笑っていましたね。

――双子だったのにまさかの三つ子だったとは。産婦人科の先生も気づいていなかったんですね。

石原 そうです。後日、かかりつけの産婦人科の先生にそのことを話したら、最初は「うそだ~」と言っていたんですが、よく検査したら3人いることがわかって、三つ子の妊婦になりました。

z