昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

中3で妊娠発覚、相手からは「大丈夫っしょ。育てればよくね」と…“15歳の母”が語った、出産までの8ヶ月――2022年上半期BEST5

横井桃花さんインタビュー#1

2022年上半期(1月~6月)、文春オンラインで反響の大きかった記事ベスト5を発表します。家族部門の第1位は、こちら!(初公開日 2022年5月21日)。

*  *  *

 15歳で子どもを出産した横井桃花さん(20)。当時中学を卒業したばかりの彼女は、その後も未婚のまま一人で育てていくことを決めたが、相手から養育費をもらうことができず金銭的にも苦しかったという。

 そんな彼女の子どもは、今年5歳になった。妊娠がわかってから出産するまでの経緯や、相手との関係、現在の生活について詳しく話を聞いた。(全3回の1回目/続きを読む)

横井桃花さんと息子の幸希くん

◆◆◆

中3の冬に「妊娠したかも。どうするの?」って

――桃花さんの妊娠がわかったのはいつくらいでしょうか。

横井 中3の11月くらいだったと思います。生理が止まって、つわりのような症状があったので、自分の中に「妊娠したかも」という気持ちがありました。

 妊娠について調べていくうちに、自分の症状にほとんど当てはまっていたので、確実に妊娠したと思いました。つわりもしんどくて、何をすればいいのかもわからず、辛い毎日を送っていました。でも、お腹が動いてくると、どんどん愛情が出てきていましたね。

妊娠中の桃花さん

――お母さんや相手に相談などはされたのでしょうか。

横井 母には言えなかったです。心配をかけたくなかったので。

 相手にはすぐに「妊娠したかも。どうするの?」って相談していました。彼は、「産んで育てよう」って言っていましたが、同い年だったので、現実的に考えられていなかったと思います。

 

 私はネットでいろいろ調べて、「病院に行ったらいくらかかる」「中絶するにはいくらかかる」「出産するにはいくらかかる」「育てるにはいくらかかる」ってノートに書いてまとめていました。

 それを彼に見せたら、「大丈夫っしょ。育てればよくね」って。真剣に考えてくれずに一人で抱えている状況が本当に苦しくて、「産むんだったらあなたから私の親と自分の親に伝えてください」って言いました。お互い中学生でお金もなかったし、自分たちでどうにかすることは不可能だったので。

z