昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2017年末の「賞味期限切れ」ニュース 紅白、スター・ウォーズ、貴乃花……

速水健朗×おぐらりゅうじ すべてのニュースは賞味期限切れである

加速する『スター・ウォーズ』の“世俗化”

速水 『アウトレイジ』の話はこのへんにして。『スター・ウォーズ』についても話したい。

おぐら すでにだいぶ話してますし、もともとは相撲の話ですよ。速水さんは公開初日に観に行ったんですか?

速水 2日目。おもしろかったよ。まさか意見が二分するとはおもわなかった。正直、俺は『スター・ウォーズ』シリーズは一応観ているけど、フォース云々の部分って実はそんなに乗れないんだよね。むしろフォースがどうとか暗黒面がどうとかの部分っていらなくない?

フォースも暗黒面もどうでもいい? ©getty

おぐら 今回も、フォースの設定がかなり変わったって話題になってます。

速水 あんなのジョージ・ルーカスがエスパー設定に思いつきで東洋思想っぽいものを混ぜただけなんだから、適当でいいのに。

おぐら そのあたりの設定変更があって、劇中でもジェダイの聖典を燃やすようなシーンがありました。

速水 作り手自身が、フォース云々にしばられないっていう宣言なんだろうね。でもそれがいまの宗教戦争の火種になっている。

おぐら ファンは今作を『スター・ウォーズ』の正史から外せという署名活動までしてますよね。すでに6万5000以上の署名が集まっていると。公式なのに「正史(canon)」じゃないって、まさに現代的なファン至上主義。

《Have Disney strike Star Wars Episode VIII from the official canon.》

エピソード8を『スター・ウォーズ』の正史から外すよう、署名活動にまで発展 ©iStock.com

速水 『スター・ウォーズ』は「サーガ」と呼ばれていて、小説版とかスピンオフがたくさん作られている。完全に神話体系化してるの。その中で、ルーカスフィルム自身が、当初の『スター・ウォーズ』の設定に沿った作品群を「正史」と呼んで、そこから派生してはみ出したものを「レジェンズ」と位置づけるようになっている。

おぐら それで今回は「レジェンズ」だと主張している人たちが、署名活動をしていると。

速水 まあ、それを決めるのが作者ではなく、ファンだっていうのがすごい。『スター・ウォーズ』も世俗化が進んでいるってこと。

おぐら 作品はもはや、作り手だけが踏み込める聖域ではないんですね。

速水 でも、おぐら君が言うような「ファン史上主義」って『スター・ウォーズ』から始まったものでもある。映画のキャラクターが、大量にグッズ化されるようになったのも『スター・ウォーズ』以降だし、ファンが勝手に作品の世界を作品化する二次創作を個人に認めたのもルーカス自身。

おぐら その辺の経緯は『ピープルVSジョージ・ルーカス』というドキュメンタリー映画に詳しく描かれてますね。