昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

暴行中聞こえた「アジアン・ガイ」 NYで集団に襲われ大けが…日本人ピアニストが語る“ヘイトクライム”

source : 提携メディア

genre : ニュース, 国際, 音楽

 

2020年9月にニューヨークで暴行され大けがをした日本人ジャズピアニストが、愛知県岡崎市でコンサートを行った。ニューヨークでの暴行の背景にあったのは、アジア人へのヘイトクライムだった。

「ほら見たことか」の負の連鎖を断ち切りたい

軽快なリズムを刻み、ホールに響く音色…。ピアノを奏でるのは海野雅威さん。ニューヨークを拠点に活動するミュージシャンだ。

海野さんは1980年、東京生まれ。4歳からピアノを始め、ミュージシャンを志して東京藝術大学に進学。2008年に渡米し、ジャズの世界を代表する巨匠、ドラマーのジミー・コブやトランペッターのロイ・ハーグローヴのピアニストとして、世界中をツアーで回った。

 

順調に進んでいた海外での音楽活動。しかし3年前の2020年9月、海野さんは突然、ニューヨークの地下鉄で8人ほどの黒人グループに襲われた。

海野雅威さん:
地下鉄に乗っていたら言いがかりをつけられて、突然暴行を受けてしまうということがあって…。10月に手術をして2カ月間療養していて、12月に日本で療養しようと決めまして日本に帰ってきて。春ごろまでですね、ほとんどちゃんと弾けなかったですね

右肩と右腕の骨を折る大けがをした。暴行の最中、聞こえてきたのは「アジアン・ガイ」という言葉。恐怖の中でヘイトクライムを確信した。

海野さんが襲われた2020年は新型コロナウィルスが世界中に拡散し、アメリカではアジア人というだけで暴言や暴行を受けるヘイトクライムが社会問題化した年だった。

二度と鍵盤を叩くことができないかもしれない状況に陥りながらも、懸命にリハビリを続け、海野さんはステージに戻ってきた。療養中に作曲した「Get My Mojo Back」。「Mojo」は「不思議な力」という意味で、不慮の事件に遭遇しながらも、乗り越える力を曲に込めた。

 

海野雅威さん:
僕の事件でいうと犯人は黒人の少年たちで、しかも8人もいて。少年も少女もいたんだけど、僕に対しての理不尽さを感じてくれる多くの人は、怒ったりする中で「黒人が悪い」と一緒くたに考えてしまう人もいる。そういうことに、僕はまた悲しみを覚えて…

 

アメリカ社会の中に根強く存在する人種差別や偏見。コロナをきっかけに負の連鎖が噴出した。

海野雅威さん:
元から負の印象とか感情を抱いている人が、こういう事が起きると「ほら見たことか」となりがちなので。どうしたら一般の人たちがネガティブな感情を抱かなくなるか、やっぱり一人一人の強さが必要ですよね

 

痛みや悲しみを受け入れて奏でるジャズピアノ。海野さんは11月に開かれる「岡崎ジャズストリート」でも演奏することになっている。

(東海テレビ)

この記事の写真(5枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー
z