昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「痴漢をされたくないお客様は…」JR埼京線・新宿駅のアナウンスが物議

source : 提携メディア

genre : ビジネス, 企業, 社会

 

埼京線新宿駅での駅員のあるアナウンスが今、物議を醸しています。

「並びづらくなった」「自分で守ってと言っているように感じる」

「新宿駅のアナウンスが異常な件」

8月30日、そんな言葉とともにSNSに投稿された動画。

 

駅係員:
防犯カメラは多く設置しておりますが、痴漢は多くいらっしゃいます。痴漢をされたくないお客様は後ろの車両をぜひご利用ください

帰宅ラッシュ時のJR新宿駅の埼京線のホーム。アナウンスの内容に違和感を覚え、カメラを回したという男性に話を聞くと…

 

撮影者:
「痴漢は多くいらっしゃいます」って、この辺の並んでいる男の中に必ずちょっとはいるよというニュアンスにも聞こえますし、私も並びづらくなりました。被害者側に「されたくなかったら移動しろ」っていうのは、女性の自己責任論にもつながりかねないと思います

街の人からは…

20代学生:
何もしないで痴漢があるよりかは、一応アナウンスしてくれていて、痴漢対策はしてくれているんだなって感じます

一定の理解を示す声もあるものの…

20代学生:
「痴漢する側がいるのは当たり前なので、そういうのされたくなかったら自分で守ってください」って言っているように感じる

20代学生:
痴漢される側がなんで動かなきゃいけないのかがわからない。痴漢をする人が悪いと思うので

痴漢の被害が多い…JR埼京線の「ある事情」

なぜ、「後ろの車両」へと誘導したのでしょうか。

鉄道ジャーナリストの梅原氏は、埼京線の「ある事情」があったと指摘します。

 

鉄道ジャーナリスト 梅原淳 氏:
埼京線って非常に特殊で、痴漢の被害が非常に多くて。埼京線の場合は、池袋方面に向かう列車の先頭車両を降りたところに階段があり、そこが降りやすいので、そこにみんな集まりがちなんですよね。余計に混雑が激しくなるという

JR東日本は、めざまし8の取材に対し…

 

JR東日本:
今回のアナウンスは、お客様をすいている車両へご案内する目的で行ったものですが、適切なご案内ではなかった部分がありました。案内を聞いて不快に思われたお客様に、お詫び申し上げます

(めざまし8 9月8日放送)

この記事の写真(5枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー
z