昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「離婚するか、性風俗店に行くか、それとも妻に彼氏を…」結婚1年目でセックスレスになった夫婦が、夫公認彼氏を作るまで

『夫公認彼氏ができました セックスレスにとことん向き合った夫婦の13年レポ』#1

 結婚1年目でセックスレスとなったわかぴょんさん(49)とみかさん(42)。「性」のズレに対して真剣に悩み、とことん向き合った末に選んだのは「妻が夫公認の彼氏を作る」ことだった。

 そんな夫婦の初めから終わりまでをすべて描いたのが『夫公認彼氏ができました セックスレスにとことん向き合った夫婦の13年レポ』(KADOKAWA)。

 今回は同書の原作者であるわかぴょんさんとみかさんに、セックスレスになった経緯や夫公認彼氏を作った理由などについて、話を聞いた。

◆◆◆

付き合った時からセックスレス予備軍

――お2人は結婚後すぐにセックスレスで悩み始めたんですよね。

わかぴょん 今考えると、付き合い始めた時からセックスレス予備軍だったよね。最初から回数としては多い方ではなかった。みかが求めてきても何回かは断っていたから。

みか たしかに、「あれ? 私たち大丈夫かな」とは思いました。それまでにお付き合いしていた方たちとは明らかに違ったので。でも、当時はそんなに深くは考えていなくて。

わかぴょんさんとみかさん ©深野未季/文藝春秋

――結婚生活を始めてからみかさんの中でセックスレスの問題が大きいものになっていったと。

みか そうです。妊活を始めたあたりから、2人の間でセックスについて話すことがなくなって。その話題はタブーのような感じになっていました。

 子どもがほしいという気持ちはお互いにあったんですが、いつもその問題を後回しにされている感覚があって。話し合おうとしても「仕事で疲れてるから寝る」と言って取り合ってくれなかったりして、モヤモヤしていました。

 

わかぴょん みかが悪いわけではなくて、僕自身、昔から「性」に対して全く自信がなかったんです。相手の反応が気になって行為に集中できなくて。

 相手を満足させることがセックスの「ゴール」と捉えていて、自分が満足することについては2の次という思考でした。どうしても「正解」を求めてしまうがために、どんどん億劫になってきて。そこに仕事でのストレスや疲労が重なり、セックスレスに向き合うことから逃げるようになっていきました。

――その後、マンガでも描かれているようにセックスレスのカウンセリングに辿り着くんですね。

z