昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「なんでこうなっちゃったのか本当にわからないです」

 平川教育長は、「週刊文春」の第2弾以降、「官製談合」に関する説明を避け続けてきた。9月9日に行われた定例記者会見では、次のような場面があった。

 会見で平川氏は「点検、確認を進めています」「調査対象が膨大でまだ終わっていないため、説明できない」「いつ調査が終わるとは明言できない」「今しばらく時間が必要となる点についておわびする」と、この場で詳細を説明できない旨を連発。記者から質問が相次いだが、事前に価格交渉をしたとうかがわせる疑惑のメールの存否についても答えなかった。

県教委が入る広島県庁

 また会見でパンゲア側との会食の回数を問われると、こう語った。

「飲食だから、というようなことでもないと思いますので。そんなこと言ったら私、飲食できませんので。誤解のないように今後、気を付けていきたいと思いますけど、じゃあ何回やったからどうだということではない」

 広島県は教職員に利害関係者との会食を禁じ、違反者には厳正に処分を科すと「倫理要綱」で定めている。

「パンゲアはもちろん利害関係者。厳密なことを言えば、教育長は特別職ですから処分を科される対象ではないでしょう。でも部下に禁じる以上、トップも当然気を付けるべきなのですが、なぜか“逆ギレ”していた印象です」(地元記者)

 

 終盤に平川氏はこうも語っていた。

「正直こういう報道になって、なんでこうなっちゃったのか本当にわからないです。わからないんです」

 約1時間に及んだ会見で「調査中」と回答拒否を連発した平川氏。そして、それは約80分に及んだ14日の県議会文教委員会でも同様だった。「官製談合」という法律違反の疑いを報じられて2週間。いまだ、説明をできない教育長を、広島県の先生や生徒たちはどう見ているのだろうか。

この記事の写真(6枚)

文藝春秋が提供する有料記事は「Yahoo!ニュース」「週刊文春デジタル」「LINE NEWS」でお読みいただけます。

※アカウントの登録や購入についてのご質問は、各サイトのお問い合わせ窓口にご連絡ください。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー