昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「最高の人生でした」45歳で死去した緩和ケア医 “別れの挨拶”に反響

source : 提携メディア

genre : ライフ, 医療, 読書

 

1000人のがん患者を看取ってきた医師のある動画が、いま、多くの反響を呼んでいます。
その医師の名前は、関本剛さん。自らもがんにおかされ、45歳で亡くなりました。話題の動画は、関本さんが生前に収録した「お別れの挨拶」。
めざまし8は、関本さんの母親を取材。人々の心を動かした、関本さんの言葉に迫りました。

「最高の人生でした」緩和ケア医の“別れの挨拶”

 

関本剛さんの「お別れの挨拶」動画:
現在2020年の10月10日でございます。私が肺がんの脳転移ということが診断されましたのが2019年10月7日でございますので、今1年目でございまして、まだ幸い脳転移に対して治療で制御できている状況ではあるのですけども、いずれ効かなくなる治療とは思っておりますし、かねてから自分の通夜、葬儀の挨拶は自分でしたいと思っておりましたので、VTRで大変失礼ですが、このようにメッセージを作成させていただいた次第でございます

 

カメラを見つめ、自身の死について話す男性。がんのため、2022年4月に45歳で亡くなった関本剛さんです。神戸市灘区のクリニックで、がん患者の体や心の苦痛をやわらげる、緩和ケア医として働いていました。
動画は、自身の通夜や葬儀で流すため、亡くなる約1年半前に撮影された「別れの挨拶」です。

 

関本剛さんの「お別れの挨拶」動画:
このVTRが流れているということは、既にお迎えが来たということだと思います。
平均寿命からしたらいささか短い人生ではありましたけども、思い起こせば最高の妻・子ども・両親・親族に恵まれ、最高の友人・同僚・先輩・後輩に囲まれ、そして高校時代から生業にしたいと思っておりました緩和ケアをずっと仕事にすることができ、趣味を楽しんだり、職業奉仕を楽しんだり、一言で言うと“最高の人生”でございました

この動画が8月に地元メディアで紹介されると、「死に直面していながら、この冷静さと穏やかさ、さすが緩和ケアの先生です」「皆さんに勇気を与えた素晴らしいお手本です」などと大きな反響を呼び、再生回数は310万回を超えました。

z