昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

ステージ4の大腸がんを告知された直後に「人生初の交通事故」…70代ベストセラー医師を襲ったあまりに目まぐるしい1日

『ステージ4の緩和ケア医が実践する がんを悪化させない試み』 #1

2022/08/07

「私の大腸がんはステージ4ということになりますね」と確かめるように言うと、主治医は「そういうことになります」と頷いた。――ミリオンセラー『病院で死ぬということ』などを代表作に持つ緩和ケア医の山崎章郎さん(74歳)。

 主治医から大腸がんを宣告された「特別な日」のエピソードをご紹介。新刊『ステージ4の緩和ケア医が実践する がんを悪化させない試み』より一部抜粋してお届けする。(全2回の1回目/後編を読む)

ベストセラー作家で緩和ケア医の山崎章郎さんを襲ったあまりにも「目まぐるしい1日」とは?(写真:新潮社提供)

◆◆◆

壊れかけた日常

 退院2週間後、術後初めての外来で、摘出標本の病理検査の結果を知った。切除したリンパ節には転移があり、ステージ3の大腸がんであることが判明した。「5年生存率は70%」との説明を受けた。

 そして、ステージ3の標準治療である再発予防を目的とした経口抗がん剤ゼローダの服用を勧められた。ゼローダの服用によって、5年生存率は80%に上がるとのことであった。しかし、副作用をはじめとした抗がん剤の功罪は知っていたので、その提案に一瞬ためらった。

 だが、手術してくれた医師に対する恩義や、多くの患者さんが体験している副作用を自らも体験すべきなのだ、との想いも湧き、試みることにした。

 12月初めよりゼローダの服用が始まった。ゼローダは1日2回、朝夕食後の服用で、2週間服用し、1週間休薬で1クール、全部で8クール、6カ月の治療スケジュールが予定された。

 1クール目は大きな副作用もなく経過した。日常生活は仕事も含め、順調であったが、2クール目から副作用が出現してきた。

 先ずは食欲の低下である。それに軽度ではあったが慢性的な嘔気(おうき)が続くようになった。さらに、下痢が始まった。だが、それらは予測されていた副作用が、確実に起こってきたということだ。

 食欲低下や嘔気に関して言えば、食べ物を無理やり口の中に放り込み、飲み込んでしまえば何とかなったので、頑張ることにした。下痢に関しては、便意を感じた時に、すぐにトイレに駆け込まないと危うい状態であったので、訪問診療前には、便意の有無によらず、トイレに行くことにした。万一に備え尿取りパッドも装着した。また、コンビニのトイレにも随分とお世話になった。

 同じ頃、手足症候群も始まった。徐々に手足の皮膚の色が黒ずんできたのだ。皮膚も荒れ始めてきた。そして手のひらの筋の部分や、指関節にひび割れが始まった。処方されていた保湿クリームを丹念に塗布したが、焼け石に水。やがてひび割れからは出血も始まり、各指関節に絆創膏を貼り付けながら仕事を継続した。指先にはしびれも出現してきて、まさに教科書通りの副作用だった。

z