昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「買い…とは言いづらい」発売されたiPhone 14とAppleに迫る“決断の時”〈USB-C対応のiPhoneはそもそも出ないかも…?〉

2022/09/17

 9月16日、アップル「iPhone 14シリーズ」が発売となった。

 今回、発売されたのはiPhone 14、iPhone 14 Pro、iPhone 14 Pro Maxの3機種で、もう1機種となるiPhone 14 Plusは10月7日に発売予定だ。

 毎年秋に新製品が発売となるiPhone。昨今は端末販売における高額な割引もなくなり、さらに急激な円安傾向により、新製品のiPhoneが高く感じるようになってきている。実際、買い時やどの機種を選んだらいいのか、正直、悩ましい状態だ。

「一般向けモデル」と「プロ向けモデル」に分かれたiPhone。で、何が違うの…?

 今回、発売される4機種はまず「一般向けモデル」と「プロ向けモデル」に分類することができる。iPhone 14ならびにiPhone 14 Plusは「一般向けモデル」であり、iPhone 14 ProとiPhone 14 Pro Maxは、その名の通り「プロ向けモデル」といえるスペックとなっている。

Appleから発表された「iPhone 14」©AFLO

 iPhone 14 ProならびにiPhone 14 Pro Maxはカメラのセンサーが大幅に進化し、さらに撮影後、画像の修整がしやすい保存形式が強化されるなど、プロカメラマンやSNSで活躍するインフルエンサーが喜ぶ仕様となっている。

 一方で、普通にスマートフォンを使う、と言う人であればiPhone 14もしくはiPhone 14 Plusで充分だ。

 では、この2機種の違いはどこにあるのか。

 iPhone 14は画面サイズが6.1インチであり、iPhone 14 Plusは6.7インチとなっている。

(AppleのHPより)

 片手でなんとか操作できる携帯性を求めるなら6.1インチを選ぶべきだし、私のように「最近、老眼が…」という人は大画面で文字や映像が見やすい6.7インチを強くお勧めしたい(ただし、本体サイズは相当、大きい)。

z