昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2022/09/20

genre : ニュース, 社会

両陛下がマスクを着用されなかった理由

 両陛下がマスクを着用されなかったのは、訪問国で定着している形式をふまえて、さらに他の参列者のことも考えられてのことだったのではないだろうか。以前から、雅子さまは、式典の性質や「お出ましになる場にふさわしいかどうか」という視点でお召し物を選ばれていると思うことがたびたびあった。そうしたお考えとも通底する姿勢を示されたように思う。

即位70周年で集うロイヤルファミリー ©共同通信

 今回天皇陛下は、国葬の前夜にバッキンガム宮殿で開かれたチャールズ国王夫妻主催のレセプションにも出席され、各国の首脳や王族らとともに過ごされたという。

 両陛下にとって、2020年のエリザベス女王からの招待は特別な意味をもつものだっただろう。結婚直後からお子さまのご誕生に関心が集まり、様々な報道があったなかで、「しばらくこちらで暮らしてはいかがですか」と、英国での生活を勧める手紙がエリザベス女王から届いたという宮内庁関係者の証言が報じられたこともあった(毎日新聞、2001年12月2日)。これは愛子さまご誕生翌日の記事で、あれから約20年が経った。皇居・御所を出発される両陛下を、ブラックのアンサンブルをお召しになった愛子さまが落ち着いたご様子でお見送りされたことは、感慨深い。

皇居・御所を出発される天皇皇后両陛下と、両陛下を見送られる愛子さま ©時事通信社 

 

 10月からは約2年8カ月ぶりの地方訪問が予定されている。10月1日、天皇陛下が栃木県で行われる「国民体育大会」の総合開会式へ出席されると発表されたところだ。雅子さまもご体調に支障がなければ出席されるという。国内での感染対策を徹底されながらも、両陛下がオンラインではなく現地へ足を運ばれる初めの一歩に、イギリスご訪問が大きな後押しとなるのではないだろうか。

その他の写真はこちらよりご覧ください。

この記事の写真(202枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー
z