昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

《有罪判決》「あんなの野犬」「飼い主が悪い」ドーベルマン窃盗犯女性たちの逮捕前“罵詈雑言音声”

 今年5月、千葉県・木更津市の住宅からドーベルマン2匹が盗まれた事件。逮捕されたのは、飼い主の知人だった高橋里衣被告(30)、岡島愛被告(30)、山森通江被告(51)の3人で、いずれも動物愛護団体のメンバーだった。

 今日21日に千葉地裁木更津支部で開かれた初公判では、3人に懲役1年・執行猶予3年の有罪を言い渡された。起訴内容も認めているという3人。なぜ動物愛護団体に所属する彼女たちは、知人のドーベルマンを盗んだのか。「週刊文春」の記事を再公開する。

◆◆◆

 千葉県木更津市の79歳の男性宅からドーベルマンの母子の2匹が盗まれた事件。5月19日に窃盗や住居侵入の疑いで逮捕された動物愛護団体『アニマルグリーンアップル』所属の岡島愛容疑者(29)と高橋里衣容疑者(29)が、逮捕前に「飼い主が悪い」と責任転嫁する発言をしていることが、「週刊文春」の取材でわかった。その音声を入手した。

A氏の犬(岡島のSNSより)

 発端は4月22日の早朝だ。79歳の男性A氏宅のドーベルマンの子犬3匹と母犬が逃走した。警察と消防が捜索し、岡島らボランティアの男女3人が見つけたのだ。だが、これで一件落着とはならなかった。A氏の知人が語る。

「1回目の脱走後にAさんは、家を訪ねてきた高橋にドーベルマンの雄犬をあげたんです。すると後日、高橋が『餌を一緒に買いに行って欲しい』と頼んできた。そして5月8日、Aさんが高橋と一緒にホームセンターに行って、帰宅すると残りの犬がいなくなっていたのです。わずか1時間ほどの間の出来事でした」

3匹のドーベルマンを飼っていた29歳の岡島容疑者(本人SNSより)

 5月12日にA氏は被害届を警察に提出。その7日後、犯人として岡島と高橋、そして『アニマルグリーンアップル』代表の佐藤徳壽容疑者(51)が逮捕されたのだった。

 実は逮捕前の5月13日、岡島と高橋はインスタで動画の生配信を行っている。小誌はその音声を入手(音声は『週刊文春 電子版』で公開)。その生配信で2人は、犬がいなくなったのを「A氏の飼育環境のせい」にしていたのだ。

z