昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「妊婦風俗嬢」が私に明かした本音と涙の理由

「でも、こうでもしないと、生活できないんですよ……」

2018/01/14

 そんなリカだが、彼女が働く店のホームページでは、顔にモザイクをかけた下着姿の写真の脇に次のような文字が躍る。

〈☆完全業界未経験☆ 清楚なルックスで礼儀正しい正統派美人の新人妊婦【リカ】さんが入店しました! 細身のボディにDカップ! これはもう我慢できません。超スレンダーなボディに出るところもきっちり出たグラマラスさを兼ね備えたこれぞパーフェクトボディの妊婦さん! そして超綺麗な顔立ちに可愛さも兼ね備えてます!〉

 また、同店では働く女性にブログ日記の掲載を推奨しており、リカは某日にはこのような文章を書いている。

〈やほー、リカです。コスプレはどうなの? って聞かれたんだけどね。好奇心あるのでもちろんできますよー。自分でそーゆーの持ってないからやらないけど。常識範囲内で持ってきてくれたら、お腹が入れば着ますよ(笑)。体型って重要だからね。次回出勤予定は×月×日12:00~で、前日までの予約で出勤します〉

 ちなみに妊婦専門風俗店のプレイ料金は、入会金や指名料とは別に平均して60分で1万5000円から2万円、90分で2万5000円から3万円となっており、女性の取り分は基本的にその半分となる。

 風俗での仕事をいつまで続けるつもりか尋ねた私に対して、リカは言った。

「この仕事は出産費用とか、必要なおカネが貯まったらすぐに辞めるつもりです。出産後にまたやろうっていうのは、さすがにないと思います。やっぱり昼の普通の仕事がしたいですから……」

筆者が話を聞いた、妊婦風俗店で働くリカ

まったくの“素人”が働くようになった

 じつはリカのように、ほかに選択肢がないからと、風俗店で働く妊婦は少なくない。妊婦が在籍する風俗店があることに驚かれる方も多いと思うが、その種の店は実在するだけでなく、ここ数年はとくに店舗数を増やしている。それとともに、働く女性たちの数も格段に多くなったという実感がある。

 また、熟女・人妻を専門にした風俗店にくらべ、妊婦・母乳ママを売り物にしている風俗店は、在籍する女性の年齢が総じて若い。ホームページを見てみると、18歳から25歳までの女性が数多く働いていることがわかる。

 さらに妊婦風俗嬢といえば、以前は妊娠前に風俗経験のある女性の“復帰”がほとんどだったのだが、最近はリカのように、まったくの“素人”が働くようになっている。リカと同じ店に在籍していた19歳のアリサも、そうした“素人”のひとりだった。

「私と夫は親の反対を押し切って結婚しちゃったんですね。だから、両方とも実家に頼ることができないんです。もともと私は飲食店で働いてたんですけど、妊娠して仕事ができなくなって辞めました。それで妊娠していてもできる仕事を探そうとしましたけど、ほとんどないんですよ。ゆいいつ知り合いの紹介で、歩合制の営業の仕事があってやってみたんですけど、身重の体で移動だけでも辛いし、ぜんぜん契約が取れなくて、疲労で倒れちゃいました。

 それで1カ月くらい悩んだ末に、夫に内緒でこの仕事を始めたんです。お客さんから乱暴に扱われたりとか、本番を要求されたり、もう、毎日が嫌で嫌でたまらないんですけど、出産費用が貯まるまでの我慢だって自分に言い聞かせながら続けてます」

 リカにしろアリサにしろ、その背景には、妊娠期間中も働かなければ経済的にやっていけないという切実な事情がある。さらにいえば、妊娠した女性が働くための受け皿が社会に整っていないことも、そのことを後押ししている。次回は彼女たちが働く妊婦専門風俗店の実態について、詳らかにしていきたい。

(「なぜ『妊婦風俗嬢』はここ数年で急増したのか」に続く)

この記事の写真(2枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー