昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

インパルス堤下さん書類送検で「厳重処分」 “懲りない男”の「てんかんが原因」主張に警視庁が“断固”対応か

source : 提携メディア

genre : ニュース, 芸能, 社会

 

お笑いコンビ「インパルス」の堤下敦さん(45)が、睡眠導入剤を服用した後、車を運転したとして、道交法違反の疑いで書類送検された。過去にも同様の事故を起こし、悪質なのは確かなのだが、驚いたことに、警視庁は「厳重処分」の意見をつけて、刑事処分の判断を検事に委ねた。その意味合いを探った。

一人で立てないほど意識もうろう

堤下さんは、今年6月14日、東京・世田谷区桜丘の世田谷通りで、服用していた睡眠導入剤の影響により、正常な運転ができない恐れがある状態だったにもかかわらず、普通乗用車を運転した疑いがもたれている(道路交通法66条・過労運転等の禁止)。

当時、堤下さんは、車を運転中に、コンビニエンスストアの看板に衝突。その後、ガードパイプにもぶつかる物損事故を起こしていた。

書類送検されたインパルス・堤下敦さん(45)

調べによると、事故の様子を目撃した人は、「向かいのコンビニからまっすぐ走ってきた。ぶつかって意識がもうろうとした状態だった」と話していたという。警察官が駆け付けた際、堤下さんは、一人で立てないほど、ふらついていたとのこと。

呼気検査を行ったところ、アルコールは検出されず。睡眠導入剤が車内から見つからなかったため、警視庁では、救急車を要請したという。何らかの病気が疑われるケースだ。しかし、堤下さんは、これを拒否。自分で呼んだ知人男性の車で帰宅したとのこと。

2回目の事情聴取 一転して容疑否認

事故から4日後の6月18日、世田谷署で事情聴取が行われた。その際、堤下さんは、クリニックで処方されている複数の睡眠導入剤を持参。そして、「事故発生当日の早朝に、睡眠導入剤を服用して、いったん就寝し、その日の午後に事故を起こしてしまった」と説明。

堤下さんが物損事故を起こした世田谷通り(東京・世田谷区)

その上で、「事故当時に、意識がもうろうとしていた原因は、当日に飲んだ睡眠導入剤などの影響で、眠気を催してしまったからだ」と話したという。要は、道交法違反の容疑を認めたことになる。ところが、それから17日後の7月5日に行われた事情聴取では、一転、容疑を否認したという。