昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

【ももクロ高城れにも“推し婚”】「3回も推しと偶然に出会った」「推しからアプローチを受ける夢展開」“推し婚”した芸能界カップルの“リアルな口説き方”《峯岸&てつや、工藤静香&キムタク、田中将大&里田まい、堀ちえみ&一般人…》

2022/11/06

genre : エンタメ, 芸能

 11月6日、「ももいろクローバーZ」の高城れに(29)が、日本ハムファイターズの宇佐見真吾選手(29)との結婚を発表した。宇佐見選手はかねてからももクロファンを公言。元々は同グループの百田夏菜子のファンだったが、“推し変”して高城れに一筋に。そしてついに、結婚にまでこぎつけたというわけだ。

約1年前に高城のイメージカラーである紫のTシャツを着て“推し変”を宣言(宇佐見選手のInstagramより)

 推しとの結婚は多くの人が夢にまで見る憧れ。どうすれば推しと結婚することができるのだろうかーー。芸能界の“推し婚”について分析した記事を公開する(初出:2022年8月23日。肩書き、年齢は当時のまま)。


 8月16日、オレンジ色で揃えたウエディング衣装のショットと共に結婚を発表したのは、元AKB48の峯岸みなみと6人組YouTuber「東海オンエア」のてつや。

峯岸みなみのSNSより

 AKBの1期生だった峯岸を射止めたてつやは、この日Twitterで「“高校1年生の頃テレビ越しに一目惚(ぼ)れした方”改め“峯岸みなみ”さんと、なんと結婚いたしました。夢物語のようなご報告ですが、決して妄想ではございません」と報告した。

「東海オンエアがYouTubeチャンネルを開設したのは2013年。その翌年に、《僕、大きくなったらAKBを卒業して恋愛解禁した峯岸みなみと付き合うんだ》とツイートしたという過去があり、人生初の推しが峯岸だと公言していました」(女性誌芸能記者)

 昨年9月には、文春オンラインでふたりの交際が報じられて、このたび見事にゴールインとなったのだ。

「憧れの人」への想いを遂げる“推し婚”

 実はかねてから大ファンだった有名人と結婚したというカップルは少なくない。長年恋焦がれた「お相手」と仕事現場やプライベートで面識ができ、そこから積極的に想いを遂げる「推し婚」パターンだ。

 例えば、2012年に当時は楽天イーグルスに所属していた田中将大と結婚した里田まいもそうだった。

里田まいのSNSより

「マー君もアイドル好きで知られていましたが、実は里田がマー君のファンだったそうです。彼女自身も幼い頃からソフトテニスで活躍し、高校はソフトテニスで推薦入学し全国大会までいったアスリート。スポーツ選手へのリスペクトが強いんです。

 2010年の正月に放送されたプロ野球関係のテレビの特番で司会を務めていた里田が、共演していたココリコ・遠藤章造に『実はマー君の大ファンなんです』と打ち明けた。遠藤は、選手代表で出演していたマー君の楽屋に『いちど連絡してあげてください』と、里田の連絡先を渡しに行く大役を果たしたんです」(同前)

里田まいのSNSより

 その後メジャーリーガーとなった田中将大をバックアップし、ニューヨークで2人の子どもを出産した里田。昨年から楽天に復帰した田中と現在は家族で日本暮らしだ。