文春オンライン
「7回くらい触っただろ。100万円払え」客を脅して金を奪い取る恐怖のメンズエステ店の経営者(29)ら14人が逮捕 “誓約書”を使った巧妙な手口とは…

「7回くらい触っただろ。100万円払え」客を脅して金を奪い取る恐怖のメンズエステ店の経営者(29)ら14人が逮捕 “誓約書”を使った巧妙な手口とは…

genre : ニュース, 社会

「触ったらダメですよ。規約に女の子の嫌がる行為や発言は禁止って書いてあるよね。お客さんも警察に通報すると捕まるよ」(逮捕された男らが男性客に恐喝した際の脅し文句)

 メンズエステ店を訪れた男性客が、女性セラピストの体を触ったと店員に因縁をつけられて現金を脅し取られる――。そんな事件が多発していた都内のメンズエステ店「さくらんぼSPA」。警視庁は、同店の他に「たっぷりぃ~む」「Aroma Sanctuary」「ECXIA」など都内に15店舗のメンズエステ店を展開していた中島蓮容疑者(29)を筆頭に、23~42歳の風俗店従業員の男や女性セラピスト14人が恐喝や恐喝未遂、傷害などの疑いで逮捕したと発表した。

メンズエステが入っていたマンション

 都内を中心にピンクサロンなど風俗店の摘発が続いているが、今回は15もの店舗にまたがる“大捕物劇”となった。

ADVERTISEMENT

 メンズエステとは一般的には男性向けの瘦身や脱毛サロンを指すが、最近はマンションの一室などを使って女性セラピストがオイルマッサージなどを施すサービスを指すことも多い。

 このタイプのメンズエステでは、女性がキャミソールや水着のビキニといった露出度が高い衣装でマッサージを行い、客との交渉次第では性的サービスを行う店も少なくないという。風俗とは異なる“素人感”をウリに、ここ数年で爆発的な人気となっている。

「女性セラピストの体を触ったら100万円を払う」という誓約書

 摘発を受けた「さくらんぼSPA」は、施術中は男性客が紙でできたパンツ1枚の格好になり、水着姿の女性セラピストの“密着サービス”が売りだった。

逮捕された男らが経営していたメンズエステ

 施術前に「女性セラピストの体を触ったら100万円を払う」といった内容の誓約書への署名を求めたうえで、男性客が女性セラピストに触れるのを確認すると部屋に押し入り、「警察に通報する」と脅して現金を奪っていたという。

 逮捕された男らは、2021年8月以降こうした恐喝を繰り返し、1年強で被害総額は少なくとも2億円にのぼる見込みだという。誓約書どおり100万円を脅し取っていたとすれば、200人が被害にあったことになる。立件された逮捕事実では、客が脅し取られた被害金額は2万~101万とばらついており、さらに多くの被害者がいることが予想されている。

関連記事