文春オンライン

個室で激しく抱き合い…“4000万過少記載”で辞職の意向 薗浦健太郎議員が溺れた「銀座高級クラブの20代美女」

「ずさんな処理が明らかになり、お詫びしたい」

 11月30日の会見で政治資金の“4000万不記載問題”に関し、そう謝罪した自民党の薗浦健太郎・衆院議員(50)。そんな彼がカネを使っていたのは……。

当選5回の薗浦氏

◆ ◆ ◆

政治資金パーティの収入を計4000万円ほど過少記載していたことが発覚

 薗浦氏は東大卒業後、読売新聞に入社。政治部や社長室広報部で勤務後、麻生太郎氏(現副総裁)の政策秘書を経て、05年衆院選で千葉5区から初当選した。

「麻生氏が『抜群の信頼。読売ではナベツネ(渡邉恒雄主筆)の社長室にいたんだぜ』と誇る最側近。安倍政権で首相補佐官などの要職を務め、現在は党の副幹事長です」(自民党関係者)

 だが、2017年から21年にかけて政治資金パーティの収入を計4000万円ほど過少記載していたことが発覚。東京地検特捜部が政治資金規正法違反(不記載)の疑いで捜査中だ。

「会計責任者の秘書は聴取に対し『過少報告は議員に報告していた』と供述しています」(社会部記者)

パーティ収入を記載していなかった収支報告書

当初は静かに飲んでいたが、次第に遊び方が派手になり…

 実は疑惑が指摘される時期、薗浦氏が足繁く通っていた場所がある。高級クラブがひしめく銀座・並木通り沿いのビルにある、完全会員制クラブラウンジ「X」。求人情報によれば、主な客層は〈一流企業会長や社長、エリート社員〉という高級店だ。

「店には女優の卵なども在籍し、コロナ前、薗浦さんは多い時は、週に複数回来ることもありました」

 そう証言するのは、Xの元キャスト・A子さんだ。

「当初はお仕事関係の方と静かに飲んでいました。ところが次第に遊び方が派手になり、店でも話題になった。ボトルを入れないと飲めず、実際には数万円かかる。お金持ちでないと頻繁に通えません」(同前)