文春オンライン

「当時は1分も無駄にしないよう必死」押切もえ(42)、蛯原友里(43)、山田優(38)…「CanCamモデル」それぞれのいま

「私は10代のモデルさんも多い中、20代の遅いスタートでした。だからずっと不安でしたし、危機感も持っていた。それで見聞を広めるために、待ち時間が少しでもあれば本を読んだり、海外ロケの合間に美術館に行ったり。1分も無駄にしないよう必死でしたね」

 そう振り返るのは、モデルの押切もえ(42)だ。

◆ ◆ ◆

一世を風靡した3人のCanCamモデル

 2000年代半ばに一世を風靡したファッション誌『CanCam』(小学館)。大ブームの牽引役が、押切、蛯原友里(43)、山田優(38)の3人だ。当時の編集長・大西豊氏が証言する。

当時の『CanCam』

「ライバルのJJは60万部でしたが、CanCamは30万部を切っていました。そこでまず2人のモデルを軸にしようと思った。1人が山田優。顔の小ささも体のバランスも抜群で、持って生まれたスター性がありました。もう1人が、伸び悩んでいた押切です。けれど、彼女は誰にも負けない努力家だった。髪型、メイク、スタイリングを全部変えて誌面に出した。すると02年8月号が完売し、一気に人気モデルへ躍り出ました」

山田は4児のママ

 そして03年、彗星の如く現れたのが、蛯原だった。

「エビちゃんは宮崎出身の普通の女の子で、最初は全然ピンとこなかった。ところが、メイクでぐっと魅力が出てくるタイプ。誌面に登場させたら、読者アンケートで恐ろしいほど大きな反響がありました。実売は80万部。姉妹誌『AneCan』時代まで、毎号のように完売してきましたね」

“エビちゃん”こと蛯原

 以来、20年近く。3人はどんな人生を歩んだのか。

「山田は12年、俳優の小栗旬と結婚し、4人の子供がいます。今もモデル活動をしている。蛯原は09年にRIP SLYMEのILMARIと結婚し、2児のママ。彼女も“ママモデル”として活躍中です」(業界関係者)