文春オンライン

「紅白で挨拶しました」“元カレ”YOSHIKIが「週刊文春」に語った工藤静香との“ほんとうの関係”

 昨年末のNHK紅白歌合戦に出場した「X JAPAN」のYOSHIKI(57)が「週刊文春」の取材に応じ、かつての交際相手で、同じく紅白歌合戦に出場した工藤静香(52)との現在の関係について明かした。

 YOSHIKIは今回の紅白に、「L'Arc~en~Ciel」のHYDEらと結成したロックバンド「THE LAST ROCKSTARS」として出場。ピアノとドラムで圧巻のパフォーマンスを見せた。一方、静香も24年ぶりに紅白に出場し、2曲のメドレーを披露。フルート奏者の長女Cocomi(21)との共演が話題を呼んだ。

「Forever Love」など数々の名曲を生み出した ©時事通信社

「YOSHIKIと静香は1992年のテレビ番組での共演を機に、交際に発展したとされます。1994年にはロスでの半同棲生活も報じられた。ただ、2年後の1996年、静香が『もう会ってません』と破局を宣言。以降、YOSHIKIは独身を貫き、静香は2000年に木村拓哉(50)と結婚しました」(スポーツ紙記者)

 紅白終了後、YOSHIKIは自らの動画チャンネルの生配信に「THE LAST ROCKSTARS」のメンバーらと出演。お酒を飲みながら、紅白の話題で盛り上がっていた。すると、酔いが回ったのか、YOSHIKIは唐突にこう切り出す。

「あ、そう。(紅白に)静香がいて、今日。静香が。たまにアドバイス頂きます。(電話する仕草で)“この彼女どう思う?”とか」

“爆弾発言”が飛び出した豪勢な“打ち上げ”(YOSHIKIの動画チャンネルより)

 慌てたHYDEらが止めに入ったことで、“元カノ”への言及は終わった。

 破局から長い歳月を経て、2人は再び親密な間柄になっているのか。配信内容についてYOSHIKIの所属事務所に問い合わせたところ、アメリカに帰国していたYOSHIKI本人が1月7日午前(日本時間)、オンラインで取材に応じた。