文春オンライン

フォロワー33万人 超人気の観光大使ネコ「もんた」 自由気ままに…「ネコの手」を借りて魅力を発信【福岡発】

source : 提携メディア

genre : ライフ, ライフスタイル,

 

いまや2兆円市場とも言われるネコの経済効果。福岡・糸島市では、観光大使を務めているネコが人気となっている。

超有名なネコ「もんた」とは?

短い足で、のっしのっしと貫禄たっぷりに歩くネコ。しかし、見た目に反してかわいらしい声で鳴く。

 

糸島市で暮らす3歳の雄ネコ「もんた」は2022年10月、動物としては初めて糸島市の観光大使に任命された。

ADVERTISEMENT

 

自由気ままに暮らしながら糸島の魅力をアピールするもんたなのだが、SNSの総フォロワー数33万人以上という超有名ネコなのだ。

 

ツイッターでは「もんたの日常っていうYouTuberさんがいるんだけど、その動画のもんたっていうネコちゃんがとてつもなくかわいい」、「糸島という知らなかった街がもんたのおかげで行きたい街になりました」などの声が…。

 

そこで!もんたを取材すべく、2月22日のネコの日に合わせて特別におうちを訪れた。

SNSがきっかけで…

もんたの飼い主は、糸島市内に住む男性。顔は出さないことを条件に、もんたとの出会いを聞かせてもらった。

 

飼い主の男性:
福岡市の譲渡会で出会いました。完全に一目ぼれですね。顔がほかの子と明らかに違う魅力は感じたんですね

 

2019年8月頃に生まれたもんた。母ネコとはぐれていたところを保護されて、譲渡会で出会った飼い主の元にやってきた。

 

体が丈夫ではなかったもんたは、生まれつき甲状腺のホルモン分泌機能が低く、腎臓にも異常があるために治療を続けながら暮らしている。

高島彩記者:
もんた!かわいい~ペロってした。あ、いっちゃった。自由ですね、かわいい~

 

何をするにも気だるそうな表情と、3歳半とは思えないほどの貫禄がネコ好きのハートに刺さり、SNSを始めて2年半ほどで、フォロワーの総数は延べ33万人を超えた。糸島市の観光大使として白羽の矢が立ったのもSNSがきっかけだった。

もんたツイート
「いずれ糸島観光大使になると思うので、その時はよろしくです」
「おかしい。1年以上待ってるけど糸島市から何の連絡もない」

 

飼い主が軽い冗談のつもりで「観光大使になる」と投稿したところ、何としばらくして本当に市の担当者から「ぜひお願いしたい」と就任依頼のメッセージが届いた。