文春オンライン
「目を付けたのは13歳から…」アイドルプロデューサーが未成年アイドルに淫行200回の夢のない話《プロデューサーの危険な選抜》

「目を付けたのは13歳から…」アイドルプロデューサーが未成年アイドルに淫行200回の夢のない話《プロデューサーの危険な選抜》

genre : ニュース, 社会

note

「音楽、特にロックが好きなお兄ちゃんという印象でライブにもよく顔を出していましたよ。メンバーからは別のあだ名で呼ばれていたので、最初にニュースを見ても星野ってのがプロデューサーのこととは思いもしませんでした。ファンと一緒にチェキを撮ったり、ライブの前説もしたりとグループのために熱心に働いている人、と評判はよかったですよ」(前出・ファンの男性)

 ファンからは好感を持たれていた星野容疑者だが、グループ結成に際して中学1年生のA子さんをエグゼクティブ・プロデューサーという要職に据えたことに違和感をもっていた人もいたという。「なにかあると薄々思っていた」「ああ、やっぱりか」「正直、勘づいている人もいた」――星野容疑者と交流のあった人物の中には、A子さん抜擢のいかがわしさをほのめかす人間もいる。

ステージに立つアイドルたちを品定めしていたのか

解散しなきゃいけないほど人気がないわけでもなかった

「グループの解散にあたってメンバーの不仲説もささやかれていましたが、A子さん以外の3人はいまだに別名でアイドル活動しています。解散しなきゃいけないほど人気がないわけでも、本人たちに実力が足りなかったわけでもない。なのにどうしてXは運営ごと辞めたんだろうと不思議でしたけど、ニュースを見て、『ああ、そういうことか』とむなしくなりました」(星野容疑者を知る人物)

ADVERTISEMENT

 アイドルグループXは2022年12月31日をもって解散した。同時に運営である星野容疑者もプロデュース業を退くと発表していた。皮肉にも星野容疑者が逮捕された3月1日は、アイドルグループXのデビューライブからちょうど5周年を迎える前日であった。

「目を付けたのは13歳から…」アイドルプロデューサーが未成年アイドルに淫行200回の夢のない話《プロデューサーの危険な選抜》

X(旧Twitter)をフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー