昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

日本プロ野球史上“最長”の名字を持つ男のいま

文春野球コラム オープン戦2018

2018/02/07

「大事にしていることは根性」

「もちろん技術や身体能力を見ていますけど、個人的に大事にしていることは根性ですかね。野球に対してのなにくそという根性があるかです」

 スキルは試合で見ることが出来るが根性はゲームだけではわからない事もある。だから練習にも頻繁に顔を出したり、色々な人から話を聞いて性格を聞き出す。ファイターズ清宮、カープ中村と並んで高校生ビッグ3と言われる安田を高く評価したのも素質の高さはもちろん並々ならぬ根性だった。

「2年の神宮大会で履正社は決勝で早稲田実業と対戦して優勝するのですが、そこで彼の根性を感じましたね。清宮くんがホームランを打った後にホームラン。負けるもんかという根性を感じました。高3春のセンバツの日大三高戦も凄い。3三振と死球の後、レフトフェンス直撃の二塁打。なかなか3三振した直後の初球をおもいっきり振ることは出来ませんよ。でも、彼は躊躇なかった。この子、根性があるなあと思いました」

 我が子の事を語るように下敷領は背番号「5」の打撃を見守りながら、熱く雄弁に語った。春季キャンプ中は担当した選手の動きを見守るのと同時にチームの練習を見て、現有戦力の状況、チームがどのような選手が必要なのかを見極めている。そして打撃練習やブルペンでの投球を見ることで自身が担当としてリストアップしているアマチュア選手との比較をし、スカウティングの参考とする。そして間もなくダイヤの原石を見つけるための旅にでる。

「今年も楽しみな選手が一杯いますよ。色々なところに足を運んで、マリーンズの戦力となるか、必要かどうか、そして根性があるかどうかをしっかりと見極めていきたいと思いますよ」

 球団支給のジャンパーの袖には「SHIMOSHIKIRYO」と書かれている。確かに長く、遠くからはなんと書かれているか、なかなかわからない。日本プロ野球では最長となるアルファベット文字の名字を持つことで知られる男は、これからもマリーンズのためにスカウティングの日々を送る。

梶原紀章(千葉ロッテマリーンズ広報)

◆ ◆ ◆

※「文春野球コラム ウィンターリーグ2017」実施中。コラムがおもしろいと思ったらオリジナルサイト http://bunshun.jp/articles/6127 でHITボタンを押してください。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春野球をフォロー