昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

文春野球「コミッショナーだより」2月号

文春野球コラム ペナントレース2018

2018/02/07

昨季、夏場に首位を争っていた2人

1月13日 於:心斎橋・某居酒屋
パ・リーグ3位 かみじょうたけし

2017年成績 通算1万9000HIT

――サインはされましたか?
かみじょう「(川藤幸三さんのモノマネで)あたりまえや! 年俸いらんから、もう1年いさせてくれや」

――それでは、昨年の戦いを振り返ってください
かみじょう「(戻って)10点です。優勝できなかったわけですから、0点でもいいぐらい。ただ、コラムというはじめてのことに挑戦したということで10点です。やっぱり勝負事ですから勝たんと意味ないですから。優勝せんと」

――7月には1度首位に立ちました。
かみじょう「開幕からずっと首位だったDOMIさんに『追いつきたいな』、『勝ちたいな』と思っていたんですけど、7月20日についに逆転して首位に立つことができまして。ただ……甲子園予選がはじまった途端に崩れてしまい、月1本という最低限ルールを死守することで精一杯でした。ごめんなさい」

――今季の課題はやはり夏の甲子園の時期をいかに乗り切るかということでしょうか?
かみじょう「そうなりますね。やはりですね、あの時期は僕の生活のすべてが夏の地方大会に向いてしまいます。ただ今年はチーム制ですからね。うまく回して行ける自信はありますよ」

――今季の目標を教えてください
かみじょう「球場に行くと『コラム読んでんで!』『HIT押させて貰ってます』と声かけてくれる人がおりました。また、文春野球のコラムで『誰かのために頑張る、東北ならではの“Dパワー”』という言葉も生ませていただいて、実況やファンの人が言ってくれたりもしました。それだけに悔いが残るんですよ。昨年はチームも一時首位に立ちながら勝てなかった。せめてコラムだけでもなんで俺が優勝できんかったのかと。今年はHIT数で勝つということも大事ですが、コラムを通じて自分の生き様を見せつけたい。それが目標です。(ビールを飲み干して)Dパワー!」

2018年度契約更改
かみじょうたけし サイン

◆ ◆ ◆

1月13日 於:なんば・某BAR
パ・リーグ4位 MEGASTOPPER DOMI

2017年成績 パ・リーグ首位打者 通算1万4572HIT

――サインはされましたか?
DOMI「はい。勿論しました」

――昨シーズンは開幕から夏場まで首位を走りましたが、途中から落ちてしまいました。どのような1年でしたか?
DOMI「開幕から数カ月は手応えも感じてたんですが、やはり1シーズン通して戦えないと意味が無いですから。不本意だったと言わざるを得ないかなと」

――今シーズンはチーム制となりますが、どのようなメンバーを集めたいですか?
DOMI「Bs愛があり、プロ野球に明るいのは勿論ですが、各方面で活躍されてるエンターテイナーの面々で構成したいですね。各方面の専門家の目線で愛のあるBs語りをしたいなと思ってます」

――最後に今シーズンの意気込みをお聞かせください。
DOMI「ひとりひとりが長所を発揮して足りないものを補完し合う、そんな総合力に長けたチームにしたい。合言葉は『for the Bs by the Bs of the Bs』です!」

2018年度契約更改
DOMI サイン

◆ ◆ ◆