文春オンライン

日本ハム監督時代に10億円稼いだ“独身貴族”…栗山英樹WBC監督の“知られざる清貧な生活”と“信仰する人物”

「真に信ずれば、智恵が生まれる」

 これは、WBC日本代表の栗山英樹監督(61)が“信仰”する人物の言葉だ。

◆ ◆ ◆

ADVERTISEMENT

日ハム時代に約10億円稼いだ“独身貴族”

 スポーツ紙記者が言う。

「栗山監督と言えば、日ハム時代、大谷翔平を二刀流に育て上げました。今回も本人から直接『監督、正式に(WBCに)出ます』と連絡をもらったそうです」

小・中・高の教員免許も所有

 大谷を筆頭に、中田翔や斎藤佑樹らスター選手を率いた日ハム時代。監督を務めたのは、2012年から21年までだ。当初は推定7000万円だった年俸も次第に増え、19年以降は推定1億1000万円。10年間で約10億円を稼いだ計算だが、

「派手な生活を送っている感じがしません。以前はTBSアナ(当時)の福島弓子やテニスの伊達公子らと浮名を流すなどプレイボーイぶりで知られていましたが、最近は女性の噂もない。“独身貴族”を貫き、貯金も溜まっているはずですが……」(同前)

自分の苗字と同じ町名に親近感を抱き、土地を購入

 確認できる資産と言えば、現役時代の1989年、東村山市内の実家近くに約5000万円で購入した一軒家。長嶋茂雄に憧れ、2階には素振りをするためのスイングルームを設えた。

「住み始めた頃は近くの物陰で、若い女性がよく帰りを待っていました。その後、ご両親が住んでいましたが、ここ数年は空き家状態です」(近隣住民)

大谷とやり取りする栗山監督

 もう1つ、広大な不動産を所有している。北海道夕張郡栗山町の約5000平米の土地。自身の苗字と同じ町名に親近感を抱き、00年に購入したものだ。ただ、栗山監督が「ビッグトゥモロウ」(17年2月号)で語ったところによれば、

〈もともと山林原野ですからね。1000円札1枚あれば何坪か買えてしまうくらいの金額だったんです〉

 格安で購入した土地を一体、どうしたのか。