文春オンライン
「白いブリーフを渡され」「襲われたら助けて」ジャニー喜多川氏9人目の被害者の告白

「白いブリーフを渡され」「襲われたら助けて」ジャニー喜多川氏9人目の被害者の告白

「ジャニーさんのマンションに行っていた4年間で、出入りしている100人から200人全員がそうだったと思います」

 ジャニーズ事務所創業者・ジャニー喜多川氏による性加害を日本外国特派員協会で行われた会見で告白したカウアン・オカモト氏。彼の発言で衝撃的だったのが、被害者の数字である。今回、彼と同年代で、2000年代後半にジャニーズに所属していた元ジュニアのE氏が「週刊文春」の取材に「間違ってないと思いますよ」と語った。これで小誌に被害を語ったのは、ここ7週間で9人目だ。

日本外国特派員協会で会見をしたカウアン氏

「辞める記念にジャニーさんの家に行きたい」

 20代後半のE氏が事務所に入ったのは中学1年生の時。『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)、『紅白歌合戦』(NHK)にも出演。Hey! Say! JUMPやKAT-TUNのコンサートにも出ていたという。

ADVERTISEMENT

 だが、渋谷のジャニー氏の自宅マンションに行く機会は無かった。「僕はお気に入りではなかったから」とE氏は言う。

「ジャニーさんはオキニを『ユー』と呼ぶけど、僕は呼ばれない。自分はデビューできないだろうと感じていました」(同前)

 高校1年生、16歳の時のことだ。「どうせ辞めるから記念にジャニーさんの家に行きたい」と友だちに頼むと、ジャニー氏に電話をしてくれて、了承を得た。

「親に『今日はジャニーさんの家に初めて行くよ!』と電話しました」(同前)

会見で放映されたカウアン氏が撮影したジャニー氏の自宅風景

奥のキングサイズのベッドで寝るよう指示

 その日、家にいたのは7人。後にデビューしたメンバーもいた。

「ジャニーさんにお風呂に入るように指示され、『洗濯するから脱いじゃって』と言われました。躊躇していると、『早く脱いじゃって』と言われ、エイッと脱いで渡しました。そして風呂から上がると、浴衣と、ゆるゆるの白いブリーフを渡されました」(同前)

 リビングに行くと、ジャニー氏に「ここに座って」と、リビングにある大きなソファの位置を指定された。

「ケーキとジュースを出してくれました。それを食べると今度は腕のマッサージ。でもすぐにジャニーさんはどこかに行ったので、他のジュニアとカラオケなどして遊びました」(同前)

 その後、寝る準備に入ると、ジャニー氏が寝る場所を指定していった。

「カラオケをした友人と僕は、『君たちはここ』と、奥のキングサイズのベッドで寝るように言われました」(同前)

関連記事