昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2018/03/06

相方・金田さんには結婚とがんを同時に打ち明けた

──相方の金田さんにはいつ打ち明けたんですか。

川島 その頃、金田との間には少し距離があって、お互い気持ちが冷めていた感じだったんです。結婚のこともまだ話していなかったので、結婚とがんを同時に打ち明けました。

 

──さぞ驚かれたでしょうね。打ち明けたことで、おふたりの関係性にも変化があったのでは。

川島 「結婚するんだ」「だと思った」、「子どももできたんだ」「ああ、そうなんだ」「がんなんだ」「……ええっ!?」みたいな感じで、すごく驚かれました(笑)。

 検査結果がわかったのが10月後半だったので、正月休みに手術して治すから、と話したら、すぐにでも休んで治療してほしい、仕事もキャンセルした方がいいんじゃないかと、すごく心配もしてくれました。コンビ間の「冷えてた感」も、いつの間にかなくなっちゃいましたね。

 

──実際に、お正月休みの間に入院・手術されたわけですが、不安や恐怖はなかったのでしょうか。

川島 そりゃありましたよ。幸いリンパへの転移はなかったんですが、手術してみないと転移があるかどうかも分からないと手術前には言われていたので、怖かったし不安でしたね。

 術後の痛みもすげえ大変だったので、働けなくなったらどうしようとも思いましたし、普通に生活できるってなんてありがたいんだろうと、しみじみ思ってました。だから当たり前の日常生活が送れる幸せをかみしめて生きなきゃって思うんですけど、すぐ忘れちゃうんですよ。だから、こういう取材の機会をいただくと、「ああ、ちゃんと生きなきゃ」って思い出せてありがたいです。

(#2に続きます)
写真=末永裕樹/文藝春秋

かわしま・あきよし/1982年生まれ。よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属のお笑い芸人。2005年から金田哲(かなだ・さとし)とコンビを組み、「はんにゃ」として活動。テレビや舞台・ライブなどで幅広く活躍し、現在は「ムズムズ!!トゥナイト」(新潟NST、毎週金曜22:52〜22:56)などに出演中。特技は一升瓶に乗れること。離乳食インストラクター1級、ベビーサインパパアドバイザー講師の資格も持つ。

この記事の写真(7枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー