文春オンライン
「まるで裁判…」ママ友にハブられた専業主婦(42)が息子の小学校のお楽しみ会でかけられた“信じられない一言”

「まるで裁判…」ママ友にハブられた専業主婦(42)が息子の小学校のお楽しみ会でかけられた“信じられない一言”

『ママ友にハブられて ぼっち主婦になりました』より#3

2023/07/01
note
『ママ友にハブられて ぼっち主婦になりました』より
『ママ友にハブられて ぼっち主婦になりました』より

 横浜郊外に引っ越して5年、大きなトラブルに巻き込まれることもなく、近所の住民と仲良く付き合ってきた専業主婦の宮原友子(42)。しかしある日、信頼していたはずのママ友の態度がおかしいことに不安を抱く。一体どうして、いきなり……?

ママ友にハブられて ぼっち主婦になりました』(三谷美佐子著、秋田書店)は、最近引っ越してきた新しいママ友・鈴木真理子(通称リコちゃん)に目をつけられてしまった友子が、嫌がらせを受けて孤立するという地獄のような体験を描いたコミック作品である。ここでは第3話を抜粋して掲載する。(全3話の3話目/第1話を読む

◆◆◆

「まるで裁判…」ママ友にハブられた専業主婦(42)が息子の小学校のお楽しみ会でかけられた“信じられない一言”

X(旧Twitter)をフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー
プロマンガ家募集!私たちと新たな作品を生み出してみませんか?応募はこちら