昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

ありがとう三江線、フォーエバー三江線「16の絶景」

山間の絶景を拝めるのは3月31日まで

2018/03/12

genre : ニュース, 社会

全線開通まで45年、そこから廃止までが43年。88年の歴史に幕

 が、残念ながら車内には地元の人と思しき人はほとんどいない。途中の無人駅に降りても、人の姿は見られない。かつては職員もいたのだろうと思われる、古い木造駅舎が佇むだけである。まわりを山と川に囲まれたホームは、ローカル線らしいムードを漂わせるが、それは寂しさの裏返しでもある。

浜原~口羽間が1975年、最後に開通した区間。口羽駅は三次駅方面の折り返し列車がある山間の駅

 結局、全線開通から43年で三江線は姿を消すことになる。全線開通まで45年、そこから廃止までが43年。「クルマのなかった戦前は、かなり乗っている人もいたみたい」(前出の住民)という時代もあったし、木炭の輸送でSLが走ったこともある。が、そんな黄金時代は短く終わり、三江線はまもなく88年の歴史に幕を閉じる。

 江の川の流れと石見の山間の風景を車窓から楽しめるのはあと約半月。17日のダイヤ改正以降は、全線を通して走る列車が1往復分増えるという。4月からは二度と乗ることのできない最後の三江線の旅、いかがだろうか。

各駅には「ありがとうJR三江線」の横断幕が掲げられている。写真は全線開通の式典も行われた浜原駅

写真=鼠入昌史

この記事の写真(17枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー