文春オンライン

〈柏24歳キャバ嬢暴行死〉逮捕の男(22)が右胸に刻み込んだ“13歳で先輩を殺した日”タトゥー 金属製の松葉づえで頭や腹などを複数回殴打し……「俺に楯突くとこうなるんだ」《腕の刺青写真》

source : 週刊文春Webオリジナル

genre : ニュース, 社会

 その男は自宅にいる時は常に上半身裸で過ごしていた。右胸に刻まれているタトゥーをよく見ると、日付らしき数字である。やや斜めの筆記体。トライバル(部族)風の装飾が施されていた。

 男はそれを見せびらかすと、こう言い放った。

「これは俺が先輩を殺した日。それを忘れないように彫ってあるんだ」

ADVERTISEMENT

小松容疑者(FNNプライムオンラインより)

 元同僚のAさんに向かって得意げにこう語る男は、9月24日に逮捕された小松魁人容疑者(22)だ。

◇◇◇

 9月10日に千葉県柏市の住宅で交際していた齋藤瑞希さん(24)の顔面を約20分ほど殴りつけた小松。それから約2週間後の9月23日、小松は「女性が室内で倒れ、意識がない」と119番通報。駆けつけた警察に傷害の容疑で逮捕されたが、齋藤さんはその後、搬送先の病院で亡くなった。小松はキャバクラのボーイとして働いており、キャバ嬢だった齋藤さんと同じ店舗で勤務していたこともあったという。

「今後は傷害致死での立件も視野に捜査される見通しです」(社会部記者)

亡くなった齋藤さん(Instagramより)

小松が自慢したおぞましい“過去の武勇伝”

「週刊文春」はこれまで2度にわたり、小松の元同僚だというA氏の告白を報じてきた。茨城県龍ケ崎市のパチンコ店に勤務していた時に度々暴力トラブルを起こしていたこと、250万円を騙し取られた末に殴る蹴るの暴行を受けたこと……。「小松の凶悪さについて多くの人に知ってほしい」とA氏は意を決して自身の体験を明かした。

 だが、小松の過去の蛮行は“暴行”だけではなかった。A氏は小松自身から、おぞましい“過去の武勇伝”を自慢されていたのだ。

 第二弾の記事で報じた“金銭暴行トラブル”で縁が切れるまで、A氏は小松にとって数少ない心を許した存在だった。

 そんな小松はパチンコ店で勤務していたある日、A氏に向かって唐突にこう切り出したという。

関連記事