文春オンライン

「ボコって血まみれにした人の写真がスマホに…」同棲相手(24)を暴行死させた全身タトゥー男(22)が半殺しにした元同僚の告白「250万円を奪われた上に髪を掴んで殴る、蹴る、目には真っ青なアザが…」

source : 週刊文春Webオリジナル

genre : ニュース, 社会

 千葉県柏市のマンションで同居していた齋藤瑞希さん(24)に暴行を加えたとして9月24日に千葉県警に傷害容疑で逮捕された小松魁人容疑者(22)。9月10日、小松は齋藤さんに対して約20分にわたって顔面を殴るなどの暴力をふるった。それから10日以上が経過した9月23日、小松は「女性が室内で倒れ、意識がない」と警察に通報。駆け付けた警察に逮捕された。齋藤さんは搬送先の病院で死亡が確認されている。

小松魁人容疑者(FNNプライムオンラインより)

「警察は今後、傷害致死に容疑を切り替えることも視野に入れ捜査をしています」(社会部記者)

小松がこれまでに起こしてきた”暴力沙汰”

 小松と齋藤さんは同じキャバクラ店でボーイとキャストの関係だったこともあり、交際していたという。

ADVERTISEMENT

「彼が起こした“暴力沙汰”は一度や二度じゃない。できる限り重い罪を与えてほしいと思っています」

「週刊文春」の取材にこう語るのはA氏。かつて小松と茨城県龍ヶ崎市のパチンコ店で同僚だった人物だ。

亡くなった齋藤瑞希さん(Instagramより)

「小松は18歳の頃、私の後輩の新入社員としてパチンコ店に入ってきた。ちょっとしたことでキレて手を出すやつで、先輩社員を2、3発殴ったり、副店長に殴りかかるなど、2度も暴力沙汰を起こした。結局、8カ月あまり働いてクビになりました」

 A氏は、第一弾の記事でこのように証言した。だが、A氏が巻き込まれた“事件”はそれだけではなかった――。

◇◇◇

 小松がパチンコ店を退職したことで、A氏との関係は一度は途切れた。しかし、2021年冬、A氏のもとに小松から突然LINEが届く。そこからやり取りが始まったという。

「大手質屋チェーンのフランチャイズをやりたいと思っている。2人で仕事をやらないか。自分は今建設会社で社長をやっているんだ」

 小松はこう持ちかけてきた。だが当初、A氏は半信半疑だった。

関連記事