文春オンライン

《解散命令請求に徹底抗戦》統一教会が信者に岸田首相・盛山文科相宛の「嘆願書」を書かせていた! 雛形には赤字で“書き方”の指示が…【内部文書入手】

source : 週刊文春 電子版オリジナル

genre : ニュース, 社会, 政治, 韓国・北朝鮮

note

 政府による解散命令請求に“対抗”するべく、統一教会(現・世界平和統一家庭連合)が信者に対し、岸田文雄首相と盛山正仁文科相宛の「嘆願書」の提出を指示していたことがわかった。統一教会問題を長年取材するジャーナリストの石井謙一郎氏が、10月1日付で教団側が信者に配布した文書と共に嘆願書の雛形を入手した。

「嘆願書」の提出を指示していた内部文書

 政府は10月13日にも統一教会への解散命令を請求する方針だ。「教団が行なってきた反社会的行為の悪質性、組織性、継続性の3点を証明するために、文化庁宗務課はわずか半年余りで、裁判所を納得させ得る資料を積み上げた」(文科省の関係者)というほど急ピッチで進められてきた。

ADVERTISEMENT

 一方の統一教会側も“徹底抗戦”の構えを見せている。

関連記事