文春オンライン

《経営パートナーが証言「営業実態はない」》神田憲次財務副大臣が税金滞納問題を巡って国会で虚偽答弁の疑い

source : 週刊文春

genre : ニュース, 政治

 過去の税金滞納を認めた神田憲次副大臣(60)が、国会で虚偽答弁をした疑いがあることが、「週刊文春」の取材でわかった。神田氏は国会答弁で、自身が代表取締役を務める事実上の個人会社である「エヌケイソリューション」(名古屋市中区=以下、エヌ社)について、「業務はきちんと行われております」と語っていた。しかし、同社の取締役が「営業実態はない」と「週刊文春」の取材に証言した。

税理士資格を持つ神田憲次財務副大臣(自民党のHPより)

週末には地元のイベントに姿を見せて

週刊文春 電子版」は11月8日、エヌ社が所有するオフィスビルが、税金滞納によって名古屋市栄市税事務所から4度にわたり、土地・建物の差押を受けていたことなどを報道。神田氏は「(支払いを依頼した)友人が忘れていた」などと釈明したが、国会で野党から相次いで追及される事態となっている。

「神田氏は税理士を経て、2012年衆院選に自民党公認で愛知5区から出馬し、初当選。税のプロフェッショナルであるだけでなく、現在は財務副大臣としても、国民に納税をお願いする立場。神田氏を抜擢した岸田文雄首相の任命責任も厳しく問われます」(政治部記者)

ADVERTISEMENT

“増税メガネ”と呼ばれる岸田首相 ©︎時事通信社

 与党内からも神田氏の早期辞任を求める声があがるが、「私の立場についての言及は控えたい」と自身の進退について明言を避けている。当の神田氏は今、どうしているのか。

「報道直後には『辞めるつもりはない』と周囲に語っていました。週末の11月11日には清須市内で行われた地元のイベントに姿を見せていた。自分から参加者に声をかけに行くなど、いたって元気な様子でした」(地元関係者)

関連記事