文春オンライン

「5人くらい関係を持った」“西武の新4番”岸潤一郎(27)の“ネットナンパ不倫”が発覚《“嫁が好きなんて一言も…”不倫相手に送った驚愕メッセージ》

note

 現在、埼玉西武ライオンズで4番を務める岸潤一郎外野手(27)が、ネットナンパした末に不倫していたことが「週刊文春」の取材で分かった。

「今季は開幕から外野で一軍に定着。貧打のチームでひとり気を吐いており、渡辺久信監督代行も『現有戦力で四番を打たせるとなると岸だろうな』と信頼を寄せる存在になっています」(プロ野球担当記者)

岸潤一郎 ©時事通信社

SNSをフォローしたら即座に岸からメッセージが

 そんな岸が人知れず関係を持ったのはA子さん。岸のアカウントをA子さんがフォローしたところ、即座にこんなメッセージが来たという。

ADVERTISEMENT

〈お知り合いでしたっけ?〉

 以降、2人は急速に接近。最初に関係を持ったのは、球団が千葉に遠征する際に利用するニューオータニ幕張だった。

「ほかにも、本拠地のベルーナドーム近くのラブホテルや全国の遠征先のホテルで逢瀬を重ねたそうです」(A子さんの友人)

 実は岸のSNSナンパが発覚するのはこれが初めてではない。2021年9月にも「週刊文春」で同様の手口で女性を口説いたことが報じられている。

「当時は不倫未遂に終わっています。岸さんも球団のヒアリングに対して『ナンパはしたが不倫は一切ない』と答えていました。ですが、A子には『実は過去に5人くらい関係を持ったことがあるんだよね』と打ち明けていたそうです」(同前)

 
A子さんに送ったメッセージ

 今度ばかりは未遂ではなく、不倫を遂行した岸。だが、今回の女性問題は、不倫だけでは収まらず――。

 7月3日(水)12時配信の「週刊文春 電子版」および4日(木)発売の「週刊文春」では、岸外野手の不倫の実態や、妻との悶着、そしてA子さんとの間に持ち上がった、警察沙汰にもなったストーカー騒動までを詳しく報じている。

文藝春秋が提供する有料記事は「Yahoo!ニュース」「週刊文春デジタル」「LINE NEWS」でお読みいただけます。

※アカウントの登録や購入についてのご質問は、各サイトのお問い合わせ窓口にご連絡ください。

「5人くらい関係を持った」“西武の新4番”岸潤一郎(27)の“ネットナンパ不倫”が発覚《“嫁が好きなんて一言も…”不倫相手に送った驚愕メッセージ》

X(旧Twitter)をフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー