昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載燃え殻さんに聞いてみた。

2018/05/19

A 仕事の上での“やさしさ”とは結果的に、働きやすさを提供することだと思います

 37歳で課長、素晴らしいですね。あなたの前任のブラック上司は、どうブラックだったんでしょうか。多分ですが、恫喝したり、威圧的だったりしたんでしょうね。あなたはその逆をと心がけようとしてるんですね。僕も一応管理職という立場にいます。僕の場合もブラック上司がいました。ブラックの中身は、他人の意見を聞かない、情報を共有しない、気分で怒鳴りつけるんです。

 彼の下では組織はグズグズになっていき、離職する者も後を絶たず、その結果、僕に代わったという経緯があります。僕も前任のブラック上司とは真逆で組織をまとめていこうと、その時決意しました。その為にしたことは先程の真逆、「他人の意見に耳を傾ける」「情報をチームで共有する」「気分を仕事に持ち込まない」です。あなたが出来る仕事の上での“やさしさ”とは結果的に、働きやすさを提供することだと思います。しばしば、やさしさを見せようとして“人気取り”や“甘やかす”に帰結してしまう管理職がいます。やさしさの履き違えさえ気をつければ、きっと大丈夫です。課長一年目、緊張と不安の中にいると思いますが、その葛藤もチームで共有できると組織はまとまっていくと思います。

「○○さんに聞いてみた。」のコーナーでは、みなさまからの質問を募集しています!

質問投稿フォーム

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー