昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2018/06/05

体調管理への高い意識

 鍛えるだけじゃない。疲労回復への意識も高くなっている。昨季から、グリコ社の回復系アミノ酸サプリメント「エキストラ・アミノ・アシッド」の愛用をはじめた。就寝前に服用すれば疲労をリセットする効果を高めるという代物だ。「週6日試合してたら疲労はたまってくる。特に週末は、ナイターからデー(ゲーム)。睡眠の取り方が難しい時があるから」。豪快に見えるが、体調管理となると、繊細さ、どん欲さが顔を出す。

 技術面でもそう。恒例となっているソフトバンク・柳田、オリックス・吉田正らとの合同自主トレでは「自分にないモノを持ってはるから。色々教えてもらった」と年下選手にも遠慮無く質問攻めする。さらには試合前練習で数種類のバットを試打することもあるし、時にはメジャーリーガーの練習法を調べて実践することもあるのだ。

 結果を出すためなら無尽蔵に情報を仕入れ、とにかく「やってみる」。そこで何かを掴み、数字に変える。だから私は糸井嘉男を、「探究力」という言葉で表現することにしている。苦戦が続く阪神だが、“超人”が変わらず元気なら、まだまだ、V奪還への夢は見れる。

巻木周平(スポーツニッポン記者)

※「文春野球コラム ペナントレース2018」実施中。コラムがおもしろいと思ったらオリジナルサイトhttp://bunshun.jp/articles/-/7556でHITボタンを押してください。

HIT!

この記事を応援したい方は上のボールをクリック。詳細はこちらから。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春野球をフォロー