昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

Bs三国志ーーバファローズを躍進させる3つの勢力とは?

文春野球コラム ペナントレース2018

2018/07/07

パ・リーグ制覇という夢の続き

 冒頭のブラフで書いたようにBsには大きく分けて3つの勢力が存在する。「Bsプロパー王国」と「Bsニュージェネレーション共和国」と「優勝請負連合国」だ。そして前半戦のBs好調を支えたのは紛れも無く「Bsニュージェネレーション共和国」と「優勝請負連合国」だろう。彼らの活躍がBsを3位タイの成績に繋ぎ止めている。しかし、ここに来てこの“もどかしい”現状。Bsの更なる躍進に必要なのは間違いなく「Bsプロパー王国」の面々の活躍だろう。

 安達選手の孤軍奮闘を助ける為にも、ペナントレース中盤戦以降はエース金子投手の、主砲T-岡田選手の、守備の要後藤選手の活躍に注目である。勿論、伊藤光選手にもこのままシーズンを終わらせて貰う訳にはいかない。佐藤達也投手に岸田護投手にも活躍して貰う事を待ち望んでいるファンは相当多く居る事だろう。それだけ我々Bsファンは「Bsプロパー王国」の面々を愛してしまっているのだ。

ペナントレース中盤戦以降の活躍に期待したいエース・金子千尋 ©文藝春秋

 冗談半分に3つの国が覇を争うと言ってはみたものの、本当にチーム内で覇権争いをする訳ではない。今や押しも押されもせぬ人材の宝庫となったBs。それぞれがお互いを補いながら長いペナントレースを戦っている。プレーヤー諸君はどの国家を選択してゲームを進めても良いのではないだろうか。Bs統一の先にはパ・リーグ制覇という夢の続きが待っているのだから。

※「文春野球コラム ペナントレース2018」実施中。コラムがおもしろいと思ったらオリジナルサイトhttp://bunshun.jp/articles/-/7978でHITボタンを押してください。

HIT!

この記事を応援したい方は上のボールをクリック。詳細はこちらから。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春野球をフォロー