文春オンライン

日本人アーティストが異国で撮った写真が「フェルメールの境地」に至ったワケ

アートな土曜日

2018/09/15

フェルメール絵画を彷彿とさせる

 今展では、山元の近作をたっぷりと観ることができる。この世のものとも思えぬ静謐さと澄んだ美しさに満ちた画面に見入っていると、連想するのは能の舞台や、フェルメールの絵画だ。とくにフェルメールとの近しい関係は明瞭で、室内に降り積もる光の粒によって、市井の人物が聖性すら帯びて見える驚きは、両者が完全に共有するものだ。

Courtesy of Taka Ishii Gallery Photography / Film / Photo: Kenji Takahashi

 この上なく繊細で、かつ普遍的なものに届かんとしている表現を、ぜひ間近で味わってみたい。

Courtesy of Taka Ishii Gallery Photography / Film / Photo: Kenji Takahashi
日本人アーティストが異国で撮った写真が「フェルメールの境地」に至ったワケ<br />

X(旧Twitter)をフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー