昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2018/10/15

プロの1軍で見る日を楽しみに……

 佐藤投手自身は現役続行を希望しており、今後は12球団合同トライアウトを受ける可能性が高いと思うので、是非ともどこかの球団に獲得して欲しいですね。(個人的には佐藤投手の地元である東北楽天ゴールデンイーグルスに入って欲しい!!)

 おそらく、今実践しているサイドorアンダースローで今後もやっていくのではないかと思いますが、個人的には高校時代に投げていた「アーム式」のダイナミックな投球フォームでもう一度勝負をしてほしいとも思ってしまいます。もちろん故障しやすいフォームであることは理解しています。しかし、やはり佐藤投手の一番の魅力は、肩関節の柔らかさとあの投球フォームから繰り出されるストレートとフォークボールだったのではないでしょうか。

 また佐藤投手には、今後の野球界の為にも、日本のアーム式の投手でも活躍できるという事例を作って欲しいです。MLBではアストロズのジャスティン・バーランダー投手が「アーム式」の投げ方で活躍しています。メンタルはU18のアメリカ戦の投球を見る限り絶対に強いと思うので、私はプロで活躍すると信じています。

 私はもう一度プロの世界で佐藤世那選手を見たい! 近い将来、1軍のマウンドであのダイナミックなフォームを見ることを楽しみにしています。

※「文春野球コラム クライマックスシリーズ2018」実施中。コラムがおもしろいと思ったらオリジナルサイトhttp://bunshun.jp/articles/-/9243でHITボタンを押してください。

この記事の写真(1枚)

HIT!

この記事を応援したい方は上のボールをクリック。詳細はこちらから。