「荒木雅博 ブランド・シール」|鈴木忠平

嫌われた監督 落合博満は中日をどう変えたのか 第24回

鈴木 忠平
エンタメ 社会 スポーツ

「この打球は生きている」落合が打ち続ける平凡なゴロが、荒木を追いつめていた。

 

(すずきただひら 1977年千葉県生まれ。日刊スポーツ新聞社に入社後、中日、阪神を中心にプロ野球担当記者を16年経験。2019年よりフリー。著書に『清原和博への告白 甲子園13本塁打の真実』、取材・構成担当書に『清原和博 告白』、『薬物依存症』がある。)

 

 中日グループ総帥、白井文吾の邸宅は背丈ほどある塀に囲まれていた。私はアクセルを緩めながら門前を通り過ぎると、ワンブロック先の空き地沿いに車を停めた。

 近隣の住民のものだろうか、少し先に乗用車が1台停まっていた。その車はどこか、周囲の景色に溶け込んでいないように見えた。

 2011年9月初めの静かな朝、私は球団のオーナーである白井に、落合の去就を問うため、郊外の住宅街まで来ていた。

 バックミラーに自分を映し、ネクタイを直して車を降りた。白井邸の前に立つと、外塀はより高く聳(そび)えているように感じられた。どことなく他者に感情を覗かせないこの家の主の佇まいを想起させた。

2カ月99円で
この続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

2024GW 特大キャンペーン 誰でも月額プラン最初の2ヶ月99円 4/24(水)〜5/7(火)10:00
  • 月額プラン

    99円/最初の2カ月

    3カ月目から通常価格2,200円

    期間限定

  • 年額プラン

    22,000円一括払い・1年更新

    1,833円/月

※オンライン書店「Fujisan.co.jp」限定で「電子版+雑誌プラン」がございます。ご希望の方はこちらからお申し込みください。

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 解説番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る
  • 0

  • 0

  • 0

source : 週刊文春 2021年2月4日号

無料ニュースレター登録はこちら

今すぐ登録する≫

期間限定キャンペーン中!月額プラン2カ月99円

今すぐ登録する≫